墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

朝日塚(山上塚)古墳・行者塚古墳(勝堂古墳群) 滋賀県東近江市勝堂町

前回の依智(えち)秦氏の里古墳公園から西に3.5㎞に勝堂(しょうどう)古墳群がある。

 

最初に、集落の入口にあった朝日塚(山上塚)古墳を見学。 

道路脇に二つの祠を載せた土盛りが。

 

そこにあった説明板。

行者塚古墳・朝日塚古墳(勝堂古墳群)

朝日塚古墳は、昭和29年9月に集落整備にともなって土取りされました。土取りの際に須恵器が出土し、高坏や壺、はそう(瓦へんに泉)など現在15点が伝わっています。およそ6世紀中頃以降の製作と思われ、勝堂古墳群の年代を示す貴重な資料となっていることから、平成24年3月28日に市有形文化財・考古資料として指定しています。
東近江市教育委員会

(行者塚古墳の解説は後述)

 

墳頂部にある方の祠。

 

その後ろ側。

 

端の様子。

 

端から振り返って。 

f:id:massneko:20200318082524p:plain

 

裾側から。

f:id:massneko:20200318082628p:plain

ぱっと見は小さな前方後円墳のようだが、 下記の滋賀県文化財保護協会のサイトで直径20mの円墳と知った。

江戸時代には48基あった勝堂古墳群だが、今は赤塚・弁天塚・おから山・行者塚・山上塚の5基が残り、山上塚以外は県指定史跡。

http://shiga-bunkazai.jp/%e6%96%b0%e8%bf%91%e6%b1%9f%e5%90%8d%e6%89%80%e5%9c%96%e6%9c%83%e7%ac%ac238%e5%9b%9e%e3%80%80%e6%9c%b4%e5%b8%82%e7%a7%a6%e9%80%a0%e7%94%b0%e6%9d%a5%e6%b4%a5%e3%81%ae%e5%a2%93%e3%81%8b%ef%bc%8d/

 

朝日塚(山上塚)からは集落の中を南へ向かう。

 

100mほど進むと、家々の間に行者塚古墳が現れた。

 

階段はあるが、ロープで閉ざされていた。石碑には、大峰山役行者堂と刻まれる。

 

別の角度から。

f:id:massneko:20200318082857p:plain

 

墳頂には、お堂の基礎?

f:id:massneko:20200318083017p:plain

さきほどの説明板にあった行者塚古墳の説明部分。

行者塚古墳(古墳時代後期・6世紀末)は48基あったとされる勝堂古墳群のうちの一つです。後世に、墳頂部に行者堂が建造されていたことから、その名が呼ばれるようになったとされます。
現在の大きさは、墳頂が平坦な方形を成すため一辺23m、高さ5.3mの方形状となっていますが、後世に道路などで削られており、築造当初は30m以上で、円墳であった可能性もあります。
埋葬施設は横穴式石室で、天井石5枚、側壁4段、奥壁は一枚石で組まれた石室(玄室)は、奥行き約6m、幅約2mと長大です。このことから平成25年3月19日に県史跡に指定しています。

 

東近江市教育委員会埋蔵文化財センターの資料(下記)には、現在は入れない石室内写真が掲載されている。(朝日塚古墳から出土した須恵器の写真も)

https://www.city.higashiomi.shiga.jp/cmsfiles/contents/0000007/7936/okarayamakofun.pdf

 

次に集落南端の、おから堂を目指した。振り返っての飛び出し坊や。

f:id:massneko:20200318083555p:plain