墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「DOMANI 明日 2020 傷ついた風景の向こうに」展 @国立新美術館・乃木坂

「DOMANI・明日展」は文化庁が、若手芸術家向けの海外研修制度の成果発表機会として、1998年から毎年開催している。

 

今年は「日本博2020」の一環で、2010年前後に海外研修した作家11名が出展。

共通する主題は「傷ついた風景」だが、その向こうに「明日」への再生が。

https://domani-ten.com/about/

 

11名の作家の中から3名を。

様々な木の枝を透かして空を見上げる作品群。

日高理恵子の作品はヴァンジ庭園美術館で見て印象に残っていた。

https://massneko.hatenablog.com/entry/2017/12/13/000000

佐藤雅晴の動画作品は、1年ほど前に本郷のギャラリーでも。亡くなられた直後だった。

https://massneko.hatenablog.com/entry/2019/03/19/000000

 

こちらは宮永愛子の 「景色のはじまり」

 

葉脈だけになった金木犀の葉がシート状につながっている。

 

使われた葉の枚数は、6万枚とのこと。

 

外へ出ると、旅客機が次々に上空を。

 

本展は、一般1000円。2月16日まで(2月12日は休館) 

 

2014年のDOMANI展

 

 2015年のDOMANI展

その後はエントリに挙げていなかった。