墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「開館記念展 見えてくる光景 コレクションの現在地」展 @アーティゾン美術館・京橋(東京都中央区)

1月18日にリニューアル開館したアーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)を訪ねました。

 

2015年から休館していた同館は、建て替わったビル(ミュージアムタワー京橋)の4階から6階の3フロアを展示室とし、かつての倍の床面積となったそう。

 

マネの自画像に迎え入れられる。 

 

セザンヌの先に青木繁青木繁藤島武二の作品は重文指定も所蔵。

 

新たにマーク・ロスコの作品(左)も加わっていた。右は草間彌生猪熊弦一郎

 

岡鹿之助の「群落B」も新収蔵。休館中に新たに収蔵した作品も31点展示されている。

 

チラリと視線を感じたのはジャン・デビュッフェの作品。

 

4階と5階には吹き抜け空間も。

 

石橋財団のコレクション206点をゆったりとした環境で鑑賞できる。

 

VIEW DECKと書かれた通路が。

 

そこは建物南面に沿う、光あふれる廊下。

 

向こう側では解体工事中。

 

右側はこれから解体される戸田建設本社。

 

がらんどうになった中も見えた。

 

2024年に、高さ173mの高層ビルに建て替わる。

 

アーティゾン美術館の建物そのものに関するコーナーも興味深かった。

 

高層ビルの中の美術館部分かでを抜き出した立体モデル。 

 

隣り合う古代と現代の彫刻が、発するオーラを競い合う。

 

心地よいポイントに、ソファやベンチが配置される。

 

中央通り側の窓面積は広大。

 

太い柱が空間を支えるが、柱表面に程よい凹凸を入れることで「ごっつさ」を軽減。

 

吹き抜け空間にも作品が納まっている。「勝利の女神」クリスチャン・ダニエル・ラウホ(1777~1857)

 

置かれたチラシを見ると、4月以降も魅力的な企画展が目白押し。

4月18日~6月21日 鴻池明子「ちゅうがえり」展

 上記と同時期で、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展

 同じ時期で、パウル・クレー展(コーナー展示)

7月11日~10月25日 クロード・モネ「風景への問いかけ」展

11月14日~2021年1月24日 琳派印象派

等々

 

現企画展は、一般1100円(大学生までは無料)、日時予約制。

https://www.artizon.museum/ticket

 

素晴らしい美術館、素敵なコレクションです。