墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

東京デザインセンター(オープンしなけん一般公開) 東京都品川区東五反田

この日の二か所目は、五反田駅東口にある「東京デザインセンター

ガラス壁面をはさんで屋上に2本の赤い旗が立つ、横長の大きな建物。

地上9階・地下2階の総合インテリア・ショールームビルは1992年の竣工で、設計はマリオ・ベリーニ+大林組

マリオ・ベリーニ(1935~)はイタリア生まれの建築家・デザイナーで、ミラノ工科大学を卒業後、オリベッティのタイプライターなどの工業デザインや家具デザインを手掛け、80年代からは建築設計を中心に活動しているとのこと。

 

何度も前を通ったこともあって、中を貫く謎な階段に惹かれていたが、入るのは初めて。

 

入居するオフィスの掲示板もおしゃれ。

 

1階受付にて見学手続きをして、促されるように最上階へ。エレベータホールはガラスドームの中にあった。

 

天井もガラス。

 

外へ出ると、遠くまで見渡せる良い眺めがあった。

 

目の前は天理教会の建物。

 

切れ落ちた地形になっていて目がくらむ。

 

階段を上がるとドーム天井が。

 

ビルの間から五反田駅も。東口にはJRのホテルが完成しつつある。

 

階段が気になったので降りてみた。

 

当建物と対岸の崖との間は北東側で狭まってつながる。途中で崖と建物をつなぐための(?)堅牢な構造体があった。

 

階段途中から西方向。中央に見える坂は、春は桜のトンネルになる。

 

謎の構造体の間には謎の馬が。

 

上記の位置から振り返って。連絡橋の上にいます。

階段がある場所は5階分の吹き抜け。

 

近寄ると、馬は大きかった。イタリア人芸術家ミンモ・パラディノの作。

 

馬の後ろ側から。

 

見上げるとドームが。整然と並ぶ大きな鉢もあり、こちら側のほうが正面のような雰囲気があった。

事前申し込みの抽選による館内ツアーも用意されていた。