墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

日向古墳 埼玉県さいたま市桜区中島

前回のつづき。この日の最後に見学した日向(ひなた)古墳へ。

本杢古墳から中島小学校まで下って左折して上り返す。

 

上から振り返ったところ。

 

そのあたりから南側の風景。この辺りが大宮台地の先端であることが実感できた。

 

日向古墳へはさらに下ってまた上る。

 

途中にあった新築戸建てエリア。

 

坂下からだと見上げる位置。

 

U字谷”の底には川跡のような細道があった。

 

再び上って振り返って。

 

ズームすると凸凹が強調される。

 

その先で右折すると駐車場の先に墳丘らしき草むらが。

 

ここが日向古墳だった。本杢古墳から南東に300mほどの距離。

 

パノラマで。

 

ぎりぎりまで近づいて。

 

さきほどの谷への斜面の際に立地していた。

 

そこから南与野駅へは徒歩10分。駅近の古墳でした。

 

近くにあった大きな建物。公共施設だと思っていたら、後で宗教施設と知った。

 

南与野駅の西側一帯は工事が進行中。

 

駅入り口は高架の下。

 

振り返っての駅前ロータリー。