墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

赤羽台団地 東京都北区赤羽台

前回のつづき、「大坂」を上がった先の赤羽台1丁目1番地。 

 

2020年1月末までに解体され、新たな建物「ヌーヴェル赤羽台」に置き換わっていく予定。

 

UR都市機構のサイトによれば、赤羽台団地は昭和37年(1962)に旧日本住宅公団(現UR都市機構)建設した総戸数3,373戸の”大団地”。

「住棟の平行配置が主であった当時では斬新な、直交配置やスターハウスによるポイント住棟ゾーン、囲み配置ゾーンが計画され、名作団地と言われてきました。」と解説されている。

https://www.ur-net.go.jp/urbandesign/project/danchi1.html

 

上記の背面の1丁目2番地にもフェンスが。

 

樹木の間から顔をのぞかせる”スターハウス”。

 

フェンスに沿って西へ向かう。

 

この場所には東洋大学赤羽台キャンパスの新校舎が建つようだ。

 

そして姿を現したスターハウス。

 

上か見ると星のような形ということでついた愛称。「★」より「人」や「Y」の字に見えるが。

 

囲いがされているので心配になったが調べると、3棟が保存されるそう。

国の登録有形文化財へ申請中で、まもなく告示がされる模様。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47539480Z10C19A7CR8000/

団地内の住宅棟が登録されるのは初めてとのこと。

 

ちなみに松戸市常盤平団地京都市伏見区の桃陵団地、兵庫県宝塚市仁川団地広島市中区の基町団地にも残っているようです。

https://www.goodrooms.jp/journal/?p=9230

 

向かい側には建て替わった建物。団地というよりマンション。

 

団地案内図は昔のままだった。

 

新築”マンション”は、旧45号棟~48号棟の跡地に建っている。

 

建物に沿って進む。

 

その先の通路。右が新築、左が建て替え待ち。

 

左に入っていくと、スターハウス44号棟が。回り込むと近寄ることもできた。

 

各戸が角部屋仕様。120度に開いているので、隣の視線もあまり気にならない。

 

残すといっても住めるのだろうか?

 

南側から見た44号棟。

 

その並びに43号棟、42号棟も。

 

南側から見た42号棟。

 

こちらのフェンスには更新された案内図があった。スターハウスは4棟。

前出の新聞記事では保存は3棟とあったので、49号棟は無くなりそう?

 

その先のエリアは団地建物が無くなっていた。

 

奥はリニューアルされた、ヌーヴェル赤羽台。

 

ここまで歩いてきた道は台地の縁に沿っていた。右は下へ連絡する坂道。降りた先にツアーで訪ねた亀ヶ池弁財天がある。

 

坂は下りずにさらに西へ。

 

スリバチ地形が見渡せるポイントがありました。

目の前が「北谷」で、蛇坂などで向かいの台地上に登ります。右の先に赤羽自然観察公園という位置関係。