墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

紀伊國屋ビルディング(新宿本店) 東京都新宿区新宿3丁目

昨年11月、新宿にて一足早い忘年会があった。久々の新宿だったので、店に行く前にブラブラと。

三越が「ビックロ」に変わってから6年半が経過。

 

その斜向かいには、昔ながらの紀伊國屋書店

 

2017年に東京都の歴史的建造物に選定されている地上9階・地下2階の建物で、書店の他に紀伊國屋ホールや画廊、物販・飲食店が入っている。

昭和39年(1964)3月の竣工で設計は前川國男

 

https://www.kinokuniya.co.jp/c/company/pressrelease/20170323100038.html

携帯電話のない時代に、待ち合わせ場所として使った人も多いのでは。

 

前出の紀伊國屋書店のサイトによれば、前川國男は「何か一息つける場所を造りたい」と考えて1階の広場を設けていて、両袖の湾曲したタイル壁や反りあがったバルコニー庇は街行く人を建物に誘い、広場から裏の通りへ抜ける街路のような空間は「建築が都市環境との関わりの中で果たし得る可能性を提案した好例」として高く評価されてきたそうだ。

「反りあがった庇」は、同じく前川國男が手がけた東京文化会館昭和36年:1961年竣工)の雰囲気を受け継いでいるように見える。

 

このときは左隣が更地になっていた。

 

奥に深い、巨大な長屋のような建物であることがよくわかった。 

 

タイル壁に貼られた、年季の入ったサイン。

 

”裏へ抜ける通路”には化石屋さんもある。

 

アンモナイトのお値段は300万円。

 

通路を抜けると通りを隔てて「アドホック

 

そこから振り返っての紀伊國屋ビル。

 

このあと、ゴールデン街の会場へ向かった。