墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

浦安の桜 @若潮公園・境川 千葉県浦安市美浜

2018年の桜シーズンは天気が穏やかに安定していて 、長く楽しませていただきました。桜シリーズのほぼ最終回は地元浦安から。3月末日の日暮れ時。

 

新浦安駅から徒歩5分ほどにある若潮公園。

 

広場の中央に、円墳のようなマウントがあります。

 

西側から、東方向。

 

たまたま4年前の6月も、ほぼ同じ位置で撮っていました。

f:id:massneko:20140614143054j:plain

http://massneko.hatenablog.com/entry/2014/06/15/070000 

 

マウント頂上から。中央左の白い建物は昨年竣工した浦安音楽ホール。

 

南方向。

 

西方向。広場は桜で囲まれています。

 

桜の下にはベンチとテーブルも。

 

公園西側の通りの桜並木。

 

その通りは境川に沿っています。

 

橋の中央から下流方向。

 

対岸からの桜並木。

 

一応パノラマでも。

 

こちら岸の土手上から見た桜。

 

 

浦安市役所前の一本。ダイナミックに捩れていました。

 

境川西側のバス通り。

 

結局、桜は「ホーム」で見るのが一番のような気がしてきました。

学校の桜もそうですが日本に数多く植わっている桜は、地元愛の醸成に大きく寄与しているのではないでしょうか。

 

今週のお題「お花見」