墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

画像が出ない場合はPCで、クロームOSでお試しください。

旧吉田茂邸 神奈川県中郡大磯町国府本郷

前回のつづき。

大磯町郷土資料館のある神奈川県立大磯城山公園には、旧吉田茂邸やその庭園も含まれていた。

2つのエリアの間を東海道が通る。箱根駅伝の4区にあたるところ。中央奥が東海道の西方向。左の木立が旧邸宅の敷地になる。

 

東海道に面した門を入る。

 

その先の兜門。サンフランシスコ講和条約締結を記念して建てられた門で、「講和条約門」とも呼ばれるそう。

 

門の外側にはバラ園もあった。

 

門の向こうには美しい風景があった。

 

養父が明治期に建てた別荘を、吉田茂は戦後に和風住宅に建て替え、生涯の住まいとした。

没後に西武の大磯プリンスホテル別館を経て、神奈川県の管理下で公園としての一般公開が決まるものの2009年3月に本邸が漏電により全焼、その後県が再建事業をすすめて2017年4月に一般公開となっている。

公式サイトには再建に至る過程が、膨大な会議資料も含め詳しく記されている。再建費用(6億円)の半分ほどは基金と寄付によって賄われたようだ。

http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyuyoshidatei/ex/saiken/kikin/1486519774523.html

こちらのサイトには工事費で5.4億、土地取得費17億とあった。

https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/sumaistarmagazine/4963

 

玄関脇から2階を見上げたところ。かつては「吉田御殿」とも呼ばれたそう。

 

戦後すぐと、昭和30年代に改築・増築されたが、後者は吉田五十八(1894~1974)が設計をした。その新館部分の様式は「近代数寄屋建築」になる。

 

庭園は県の施設で見学無料だが、建物内は町の施設で有料となっている。玄関を上がって受付で入館料一般500円を支払う。月曜と毎月1日が休館。

11月4日の連休中日だったが混雑はなく、快適に見学できた。

 

室内の写真は公式サイトにもある。

http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyuyoshidatei/ex/teinai.html

 

入ってすぐに楓の間。そこから2階へ上がる階段。

 

2階の書斎。

 

2階には舟形の風呂もあった。

 

新館の食堂「ローズルーム」

 

食堂壁のケースには司牡丹。吉田茂は実父の竹内綱ゆかりの土佐の地酒「司牡丹」を好んだとのこと。右の写真は司牡丹酒造の会長・竹内源十郎とのツーショット。

 

玄関脇から新館2階への階段。低い段差のゆったりした傾斜。

 http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyuyoshidatei/ex/teinai.html

 

新館2階の金の間。

 

その窓から西側の眺め。

 

ズームするとうっすらと富士山が。

 

南には水平線。

 

金の間の隣が寝室の銀の間。

 

ベッドに横になったまま富士山が見えるように造られていた。

 

寝室兼書斎で書棚もあった。

 

1階の外に置かれたいた葉巻型のベンチ。Habanaの文字が見えるが、マッカーサーからすすめられた葉巻を「ハバナ産しか吸いません」と断った逸話を象徴している。

 

建物内を見た後、南側の散策路も周遊してみた。

 

敷地の一画に、焼失を免れた七賢堂が建つ。 明治36年伊藤博文が建てたものを昭和35年に移築。岩倉具視大久保利通三条実美木戸孝允の4人の”元勲”に伊藤博文西園寺公望吉田茂が順に合祀されて「七賢堂」

 

少し上がった、海が見渡せるところに銅像があった。お孫さんはあまり似ていない?

 

ほんのり彩雲。