墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

幽霊坂 東京都港区三田

桜田通りを北へ向かって散歩していたときに、白金高輪を過ぎた辺りで雰囲気のある横道に遭遇。

 

「幽霊」という文字に惹き込まれる。

坂の両側に寺院が並び、ものさびしい坂であるためこの名がついたらしいが、有礼坂の説もある。幽霊坂は東京中に多く7か所ほどもある。

 

奥の坂の路面が白く光っていた。

 

細道のさらに枝道は行き止まりのようだった。

 

街灯が明るいせいか、幽霊が出るような雰囲気ではない。 

 

上りがいのある傾斜。

 

坂の途中の十字路の石壁。

 

そこから振り返って。

 

 

十字路から北方向に下る道も風情があった。周囲にはお寺が多い。

 

玉鳳寺には坂道沿いにお堂があった。

 

御化粧延命地蔵尊がおられてお参りした。

 

お堂から先へも幽霊坂は続く。傾斜は少し緩くなる。

 

二本榎通りに近づいたところでまた傾斜がきつくなった。

 

二本榎通りから見た幽霊坂入口。ぶれて写らなかったが左手に標柱がある。