墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

水元公園・1 東京都葛飾区水元・南水元

前回のつづき。

12/19の水元公園(みずもとこうえん)。入園無料。

入口に一本のモミジ。

 

なかなかの存在感だった。

 

水元公園みどりのマップ。見所はポプラ、メタセコイア、ハンノキ、花菖蒲園とある。

 

北西入口からはいってすぐは、ハンノキの巨木か。

 

すぐ近くにはカワセミの池があったが主はいなかった。

 

落ち葉の色合いがサラダのように感じた。

 

その先には揚水場と昔のポンプ。

 

一角には揚水場工事の完成記念の石碑があった。

 

カワセミの観察舎もあった。望遠レンズの方々が数組。

 

上記の奥の橋から見た観察舎。

 

橋の反対側は見事なポプラ並木があった。

 

アルジャントゥイユのようでは(行ったことはないが・・)

早春にまた来てみたい。

 

近代以前の河川の風景を彷彿とさせる。

 

水草にまぎれる水鳥。

 

孤高の方も。

 

川辺に続く気持ちのよい小径。

 

ここはメタセコイアか。

 

茶色っぽいが紅く色づいている。

 

上の方は、まだ葉が落ちずにあった。

 

その先には広大な芝生広場があった。

 

小川の流れる場所も。

 

カラスの大集団もいた。

 

北海道のような風景?

 

ズームすると広場の反対側にも背の高い木々の林があった。

つづく。