墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

江戸東京博物館 常設展

前回のつづき。

江戸東京博物館は常設展も2015/3/28にリニューアルしたばかり。

ジオラマを増やしたり、既存の展示物を見やすくしている。

常設展 - 江戸東京博物館

 

長い長いエスカレーターで上へ上がると入口。撮影はNOフラッシュでOK。

はいってすぐが「日本橋」の実物大再現。

f:id:massneko:20150530112931j:plain

 

銀座4丁目にあった朝野新聞(1874~1893)

模型ではなく、橋から見た実物大レプリカ。

f:id:massneko:20150530112956j:plain

 

こちらは江戸期のジオラマ。

f:id:massneko:20150530113055j:plain

 

鹿鳴館(1883~1940)の展示。

f:id:massneko:20150530120405j:plain

 

設計はジョサイア・コンドル。以下はWikipediaより抜粋。

鹿鳴館の建設地は内山下町の旧薩摩藩装束屋敷跡(現在の千代田区内幸町、現帝国ホテル隣のNBF日比谷ビル(旧 大和生命ビル)の地)に決まり、1880年(明治13年)に着手。途中規模変更(拡大)があり3年がかりで1883年(明治16年)7月に落成。

f:id:massneko:20150530120449j:plain

 

こちらが実際の写真。

f:id:massneko:20150530120340j:plain

 

こちらのジオラマは、明治の銀座通り。

f:id:massneko:20150530121020j:plain

 

ニコライ堂。こちらの設計にもジョサイア・コンドルが関わっている。

f:id:massneko:20150530121203j:plain

 

内部も覗ける。

f:id:massneko:20150530120619j:plain

 

現在の建物の内部の祭壇も模型と同様に見ごたえがあるが、撮影は不可だった。

 

浅草十二階・凌雲閣(1890~1923)の10分の1スケール模型。

f:id:massneko:20150530121901j:plain

日本初のエレベーターを備えていた。 

 

こちらは空襲で溶けた鉄骨。すぐ上には風船爆弾の縮小模型もあった。

f:id:massneko:20150530121552j:plain

 

 一円タクシー(円タク)

f:id:massneko:20150530121938j:plain

 

やっぱり(?)スバル360

f:id:massneko:20150530121430j:plain

 

同潤会の展示。

1924年(大正13)、震災後の住宅供給を目的に設立された財団法人同潤会は、地震や火災に強い、鉄筋コンクリート造の集合住宅を数多く建設した。

地図上には16ヶ所マークされていた。

f:id:massneko:20150530122052j:plain

 

同潤会猿江裏町不良住宅地区模型

同潤会の不良住宅改良事業における住宅改良モデルを表したもの。改良前の、衛生状態が悪く、火事も起こりやすい住宅地と、改良後の、同潤会による不燃住宅の建設、および環境の向上が対比的に示されている。

 

同潤会以前の「不良住宅」

f:id:massneko:20150530122027j:plain

 

同潤会のアパートメント

 f:id:massneko:20150530122019j:plain

 同潤会で最後まで残っていた「上野下アパートメントハウス」は2013年(平成25年)に取壊しとなって、現存するものはなくなった。

 

京都市部の地形がわかる展示もあった。高低差を拡大し、ボタンを押すと2点間の切り口が立ち上がり内部地層もわかる。

f:id:massneko:20150530122203j:plain

バーチャル・アプリで作って欲しい・・・