墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「コートールド美術館展 魅惑の印象派」 @東京都美術館・上野

言葉どおり、「印象派」の全貌が見渡せるような、「魅惑」の展覧会でした。

セザンヌだけで10点、マネ、モネ、ブーダンシスレーピサロ、スーラ、シニャックルノワールドガドーミエロートレックモディリアーニ、ボナール、ビュイヤール、スーティン、ゴッホ、ゴーガン、ロダン、ホイッスラー・・・

著名作家の、しかも各作家展で”目玉”になるような作品が多々。

ミュージアムショップでは、各作家の生没年を横線グラフに並べたTシャツも売っていました。

 

イギリスの実業家サミュエル・コートールド(1876~1947)のコレクションを受け継いだのがコートールド美術館(@ロンドン)

そこが改修工事となったことで実現した巡回展。次に日本で見られる機会は22世紀でしょう。

 

入口脇ポスターには、マネによる「フォリー・ベルジュールのバー」1882年、96㎝×130㎝

(ポスター前にあったスポットライトの影響で、画面の明かりが強調されています) 

 

撮影コーナーにあった複製は、ルノワール「桟敷席」1874年、80㎝×63.5㎝

 

思わずため息が漏れてしまう作品ばかりでした。お見逃しなく。

 

東京展は12月15日まで。2020年1月3日~3月15日まで愛知県美術館、3月28日~6月21日まで神戸市立博物館にも巡回予定。

https://courtauld.jp/