墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

2019年 東北縄文の旅・往路

6月下旬の土日を含めた4日間、 JR東日本大人の休日倶楽部パスを利用して、岩手・青森・秋田・福島の縄文遺跡や古墳などを訪ねた。

大人の休日倶楽部パスは利用期間が限定されるが、JR東日本全線が新幹線も含めて乗り放題(座席指定6回まで)で、一人15、000円と大変お得(ただし50歳以上)

昨年12月に初めて利用して「お得さ」を実感した。

 

東京駅6:00発の「はやぶさ45号」

2号車に乗ったので、一応最後尾を。 

 

その先は行き止まり。

 

8:49に二戸着。駅は橋上部も含めて大屋根で覆われていた。

 

上から見る新幹線。

 

IGRいわて銀河鉄道に乗り換える。旧東北本線で、倶楽部パスで利用可。

跨線橋から北方向。2駅先の金田一温泉までが岩手県

東京では曇り、仙台では雨が降っていたが、ここは晴れていた。

 

目的地は、南方向の一戸駅。

 

二両編成の盛岡行きに乗る。

 

ロングシートクロスシートが左右に展開する構成。

 

5分ほどで一戸駅に到着。9時少し前。

 

ここもホームは長かった。

 

階段を下りると壁一杯に御所野遺跡の案内が。

 

駅前にはタクシーも。

 

徒歩だと30分かかるので迷わず利用。

 

5分ほどで遺跡入口に到着。930円だが430円の補助があった。運転手さんから補助券をいただき、博物館受付で払い戻し受けた。嬉しいサービス。

 

遺跡への通路は谷を渡っていく。「きききのつり橋」という吊り橋式の木製歩道橋で長さ86.5m。「木材」と「奇抜」と「喜び」からの命名だそう。

 

内部の様子。

 

御所野縄文公園の面積は約7.7ha。現在地は左下。

 

縄文へのタイムトンネル(?)は結構長かった。

 

最後の方に、なかなかリアルな、小さな二人組。 

 

まずは博物館へ。