墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

馬背塚古墳 長野県飯田市上川路 古墳と桜の飯田紀行(5)

今回の馬背塚(ませづか)古墳も国指定史跡。前回の御猿堂古墳の250m北東に立地し、やはり立派な石室を持つ。

 

国道151号を渡って農道に入ると、遠目にも開口部がわかる墳丘が見えた。 

左が後円部、右が前方部で、斜面の下側に前方部を向けている。

 

前方部側の裾に説明板。 

国指定史跡 飯田古墳群 馬背塚古墳
平成28年(2016)10月3日指定
墳丘長約46m、後円部を北西に向ける前方後円墳です。現状では後円部は小さく、前方部は細長い形をしていますが、本来は前方部が大きく開くものと考えられます。
本古墳の特徴は、後円部と前方部のそれぞれに横穴式石室があることです。二つの石室は形が異なります。後円部の石室は細長く、平面的には玄室と羨道部が明確ではない無袖式といわれるもので、全長11.7m・高さ2.7mです。前方部の石室は、玄室と羨道部とが明確に分かれている両袖式といわれるもので、玄室は全長6.4m・高さ3.3m、羨道部は全長5.5m・高さは現状で1.6mで、石室全体では全長11.9mになります。
副葬品は残っていませんが、巨石を用いた石室構造や平面形態から、築造年代は6世紀末から7世紀前半と想定され、飯田下伊那地方の前方後円墳としては最終段階のものとなります。
平成29年(2017)3月 飯田市教育委員会

 

実測図のアップ。

 

前方部には両袖式、後円部には無袖式の石室があり、どちらも全長12m近い。

 

前方部裾の開口部。

 

入り口部分は膝をついて入るような高さ。

 

玄門まで頭を下げて慎重に前進する。 

 

玄室に入ると空間が広がる。

 

フラッシュで。高さは3.3mもある。

 

玄門脇からフラッシュ無しで。 

 

奥壁前から開口部。

 

同じ位置からフラッシュで。

 

御猿堂古墳の石室より、さらに大きな石が使われているように思われた。 

 

奥壁に向かって左側の隅。

 

開口部から外を。

 

後円部側の石室は立入禁止。

 

看板の裏に手を伸ばして。

 

こちらは玄室と羨道を仕切る側柱がない「無袖式」

 

ズームで奥壁を。

 

後円部の先に、円墳っぽい雰囲気。

 

後円部の先端側から。石垣部分は削られた後円部断面。

 

後円部の墓地から。墳丘上は畑だった。奥が前方部。

 

墳丘斜面。右奥に前方部石室開口部が見える。 

 

馬背塚古墳(右奥に見えている)の50mほど西北西、道路脇にも石室が開口する。

 

最初はよくわからずに上の斜面に登ってしまった。

 

宮ノ脇2号墳。 

ぺんさんはなんとか奥壁を写されていたが、自分は右の蔓性植物に阻まれて即撤退した。小さなトゲを刺して切り離して相手に残す嫌な仕掛けを持っていた。

http://pennihonshi.blog.fc2.com/blog-entry-940.html