墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

麻生新田古墳群(カブト塚古墳・麻生新田2号墳) 千葉県山武市戸田~麻生新田

前回のつづき。 

胡麻手台16号墳を”再訪”後、台地上側の十字路を右に曲ると、左の畑の中に墳丘があった。

 

全長は15m程だが、前方後円形に見える。 

 

右が後円部、左が前方部?

「ふさの国文化財ナビゲーション」のサイトを見ると、根崎古墳群(前方後円墳9基、円墳3基)のうちの1基(前方後円墳)との印があった。

 

高速道路に架かる橋を渡って、その南東側へ。

あんけんさんに頂いたコピーを見ながら、番号が振られた墳丘を捜し歩いた。

まずは枝道を左折して「岩澤ソーラー発電所」の看板が立つあたり。

 

円墳の縁がまるく残っている。その部分の直径は20mぐらいありそうだ。

「ふさの国文化財ナビゲーション」でも麻生新田古墳群中の円墳とあった。古墳群は前方後円墳2基、円墳17基、方墳1基で構成されるとの解説も。

 

隣に並ぶ太陽光パネル

 

小道に戻って東に進むと、「イノシシ用ワナがあります」との看板があった。

 

何軒かの民家が集まるエリアに入っていくと、梨園の看板の後ろに墳丘が。

 

その背面側にカブト塚古墳(麻生新田3号墳)の墳丘があった。

2段築成の見事な円墳で全長43m・高さ5.4mで二重周壕持つ。6世紀末の築造。

軟砂岩切石積による横穴式石室は全長7m・幅約1m・高さ1.8mになるそうだ。直刀、刀子、鉄鏃、杏葉、雲珠、絞具、金環、釘が出土している。

「房総の古墳を歩く」より(1996年調査データ)

http://www.haniwakan.com/kenkyu/boso/sanbu.html

 

草が刈られて手入れされた墳丘。

 

墳丘に上がらせていただいた。

 

目の前は梨園

 

 

南東側の裾には養蜂の巣箱があり、ミツバチが飛び回っていた。

 

墳丘には、アンテナのように伸びた細い竹も。

 

そこから南西に190mほどにある麻生新田2号墳は明らかに民家に敷地内にあった。

 

 

北側の小道から。

 

南側の小道から。

麻生新田古墳群の2号墳。通称は「ヘビ塚」で一辺31mの二段築成の方墳。

(前出の「房総の古墳を歩く」より)

 

3つ前の写真、民家の門前の斜向かいあたりにも円墳があるはずだが・・・

 

激しく繁っていて表土の位置もわからなかった。

 

少し進んで振り返って。正面中央あたりが墳丘か。