墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

山口蓬春記念館 神奈川県三浦郡葉山町一色

前回のつづき。

神奈川県立近代美術館葉山の敷地と通りを隔てた北側の斜面に、日本画家・山口蓬春(ほうしゅん:1893~1971)の記念館があったので行ってみた。

 

細道を上がるとすぐに、大きなガラス板が嵌めこまれた門が。

 

この時は「山口蓬春とやまと絵」展が開催されていた。

 

梅の木の背に屋根が見える。

蓬春が1948年から生涯過ごした、画室を備えた自邸で、1991年から記念館として改築・公開され、作品展示が行われている。

 

御影石の階段を上がる。 

 

入館料は一般600円。受付のある玄関で履物を脱いで、家に上がるようにして見学する。作品展示のある3つの部屋は撮影禁止だった。

公式サイトに詳細な「建物の案内」があるが、改築前の平面図も見られる。

http://www.hoshun.jp/about/architecture.html

 

入って左手の一番奥に、南側全面が窓の画室があった。

 

広縁には光が溢れていた。

 

公式サイトによれば、この家はその構造から昭和初期に建てられたと考えられ、戦時中には社員寮だったともいわれるが、昭和23年に売りに出されていたものを、蓬春がドイツ製カメラ「ライカ」一式を売却して購入したのだそう。

その後に画室をはじめとする増改築を行ったのが、東京美術学校(現・東京藝術大学)で同窓であった建築家・吉田五十八(1894~1974)とのこと。

吉田五十八は「和風の意匠である数寄屋建築を独自に近代化した建築家(Wikipediaより)」で、住宅のほか、劇場、美術館、寺院などの大規模建造物を多く手がけた。

吉田茂

http://massneko.hatenablog.com/entry/2017/11/17/000000

外務省外交資料館

http://massneko.hatenablog.com/entry/2016/10/09/103000

五島美術館

http://massneko.hatenablog.com/entry/2016/07/30/000000

 

カラフルな絵の具が置かれた机。

 

北側にも窓があって、山の斜面との間に庭があった。

 

画室の前には、水屋のような雰囲気の「筆洗場」

 

廊下の布幕に見とれてしまった。

 

こちらは母屋の2階の廊下。

 

角を曲って振り返ると、海が見えた。

 

三角で自在な形が組めるテーブル。

 

テーブルを前に座っても海が見えた。

 

庭の緑も楽しめる。

 

複雑な屋根の形も。記念館として改築を手がけたのは、建築家・大江匡(おおえ・ただす:1954~)氏。

 

1階に戻って桔梗の間。

 

こちらも広縁のある茶の間。

 

内玄関から下駄を履いて別館へいける。

 

別館には画家紹介のビデオ鑑賞部屋や給茶機のある休憩コーナー(2階)がある。

 

建物前は芝生の庭。夢のマイホームのような雰囲気。

 

帰り際、建物前の庭もひと巡り。

 

画室を正面から。

 

結構な高床。

 

 

画室を横から。

 

北側の庭へも近寄れるようになっていた。

ちょっと庭を見るつもりが奥もあって、予定のバスを逃してしまった。