墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

東京海洋大学マリンサイエンスミュージアム 東京都品川区港南

前回のつづきの東京海洋大学の海鷹祭(うみたかさい)

 

ICU祭でもダンスパフォーマンスを見たが、みんなとても上手い。

 

そこから2棟の建物を挟んで「マリンサイエンスミュージアム」のサインがあった。

屋外展示はノルウェー捕鯨砲。

 

手製のポスターがいくつか見られた。

 

こちらが入口。マリンサイエンスミュージアムは 土・日・祝、入試期間や点検日などが休館で、10時~16時の開館。入館無料。

 

展示室は撮影不可だったが、膨大な標本類に圧倒された。練習船や缶詰加工の歴史などもわかって興味深かった。

 

この博物館には別室の「鯨ギャラリー」がある(土曜も15時まで開館)

 

セミクジラの巨大な骨格標本が展示されている。全長17.1mはセミクジラとしては世界最大級だそう。

 

眼球が入る部分。

 

カーブする大きな骨は上あご。2本の下あごも大きい。

ゼペットじいさんの話がリアルに感じられる。

 

階段に上がって「鼻の穴」が見られる。後ろに半分見えるのはコククジラ骨格標本

 

詳細な解説もあった。

 

ミュージアムを含む大学内は学園祭以外でも、原則、個人・少人数で「事前申込なし」に見学できるそうだが、こちらに注意事項が書かれている。

https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/publicrelations/University-tour.html

 

キャンパスマップ(左が北) 左端が正門で、奥の右上が雲鷹丸。