墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

都立武蔵野の森公園 掩体壕 大沢1号・2号 東京都三鷹市大沢

前回のつづき。

水車のある農家から100mほど西へ行くと広い公園に出た。 

 

調布飛行場の周りにある公園で、そこには戦時中の掩体壕(えんたいごう)が残っている。

 

遠目には円墳のような構造物があった。

 

まずは後ろ側から。

 

前へ回ると、表壁に戦闘機の絵が描かれていた。

 

ドーム天井のコンクリから、細い鉄筋(?)が出ている。

 

金属製の10分の1縮小模型があった。陸軍の「飛燕(ひえん)」

 

横から。

 

大きな説明板もある。他の軍施設の位置も示されている。

調布飛行場
調布飛行場昭和13年(1938)に東京府北多摩郡調布町・三鷹村・多磨村(現在の府中市)にまがたる約50万坪の土地に計画され、畑・家屋・寺・墓地などを半強制的に買収して造られました。工事は昭和14年(1939)に東京府逓信省航空局・陸軍省の予算で着工しました。基礎工事には府中刑務所の受刑者や中学生が動員されました。16年の4月には南北方向に1000mと東西方向に700mの2本の滑走路と格納庫などが完成しました。初め、予備国際飛行場と航空試験飛行場・陸軍訓練飛行場として使用するはずでしたが、陸軍が全面的に利用することになり、首都防衛のため戦闘機「飛燕(ひえん)」を中心とした陸軍飛行部隊が配置されました。太平洋戦争の戦況が悪化する昭和20年(1945)頃には日本本土空襲のため飛来する米軍のB29爆撃機や艦載機の空襲で、飛行場や近くの高射砲陣地が爆撃され死傷者が出ました・またこのころには特別攻撃隊(特攻隊)の訓練と九州知覧基地への中継地にもなりました。戦後、飛行場の西側の一部には「進駐軍」(アメリカ占領軍)が消費する野菜を栽培する「水耕農場」が建設されました。
現在では伊豆大島・新島・神津島への空の玄関口として小型機が運行されています。調布飛行場の周辺には、戦時中に利用していた門柱・掩体壕・高射砲台座などが市民団体の努力で残されています。

 

掩体壕」とは軍用機を敵の空襲から守るための格納庫で、目的は「本土決戦」に備えて残り少なく貴重な飛行機を温存するためでした。
太平洋戦争における戦況が悪化する昭和19年(1944)頃から、コンクリート掩体壕約30基(有蓋)と土嚢で造ったコの字型の掩体壕(無蓋)約30基の約60基が短期間に造られました。建設は主に陸軍と建設会社があたり、地元の植木組合や中学生も大勢動員されました。
掩体壕と飛行場は誘導路で結ばれ、飛行機にロープを結びつけて人力で運びました。調布飛行場周辺には、武蔵野の森公園内の2基と府中市に2基の掩体壕が残っています。武蔵野の森公園掩体壕は戦争の記憶を残す証拠とし、「平和への語り部」として保存しています。

 

掩体壕に格納されていた戦闘機「飛燕」
「飛燕」は川崎航空機製でドイツのダイムラーベンツの技術をもとに国産化した液冷エンジンを搭載した戦闘機です。
エンジン出力は1100馬力で、最高時速590km/hで飛行でき、航空能力に優れ昭和18年(1943)に陸軍の主力戦闘機として正式採用されました。調布飛行場には、首都防衛のため「飛行第244戦隊」に「飛燕」が配備されました。昭和20年(1945)、B29爆撃機による本土空襲が激しくなるなか果敢に迎撃しましたが、物量に勝る圧倒的なB29爆撃機の攻撃で戦死者が出て、あまり戦果を挙げることができませんでした。最後は「体当たり」戦術で抵抗しました。戦況がますます悪化するなか、「本土決戦」のため貴重な飛行機を温存するため「掩体壕」に格納されるようになりました。
また鹿児島県知覧町の「特攻平和記念館」には、当時の飛燕が保存されています。

 

入口の最高部は2mほどのようだったが、地面はオリジナルの高さなのだろうか。

 

沖縄で見たものはもっと大きかった。

 

 

公園内にもうひとつある掩体壕へ向かう途中、展望台があった。

 

そこから見えた調布飛行場

 

右に目をやると、本当に古墳のような丘があり、その上に人もいたのであとで行ってみた。

 

その前に、そばにある掩体壕 ・大沢2号へ。

 

説明板があったが、大沢1号と同じ内容。

 

こちらは壁がなく、中の様子がわかった。

 

道路沿いに位置している。

 

道を渡って、さきほど見えた「丘」へ。

 

丘の上からは滑走路がよく見えた。

 

ズームすると、伊豆諸島への定期便の小型機、ドルニエ228が。

 

丘の裾の看板にて、公園の名前を知った。

 

広々としていて非常に気持ちがよかった。

 

滑走路を正面から。

 

その先には池も。

 

そしてここにも円墳そっくりさん。思わず東京都遺跡地図で調べてしまった。

 

帰路は西武多摩川線多磨駅へ。

 

構内踏切のある駅。

 

有人改札ボックスがぎりぎり残る。

 

速足で歩いてきて、ぎりぎり間に合いました。