墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

日下ヶ塚古墳から大洗マリンタワーへ向かう小道

前回のつづき。

日下ヶ塚(ひさげづか)古墳を見学後、丘の南斜面についていた小道を降りた。

 

降りた先のT字路の左側。

 

T字路も右側。なんとなく右を選んで進む。

 

立ち木を切ったばかりの様子。鬱蒼としていたのだろう。

 

その下は神社だった。あとで地図を見ると「稲荷神社」とあった。

 

燈籠のあたりで参拝して振り返ったところ。短い距離に鳥居が三つ。

 

境内脇の道から振り返って。左上が海坊陣屋のあたり。

 

その先の枝道。大洗町は細坂道の宝庫だった。

 

立派な洋館も。

 

今も続く地元の歯科医院。

 

ファサード以外は新しく修築されていた。

 

歯科医院の前の小道は海の方へ延びていた。

 

大通りにつきあたって右手に、大洗マリンタワーが聳えていた。

つづく。