墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「内藤礼 明るい地上には あなたの姿が見える」展 @水戸芸術館

内藤礼(1961~)の個展を見に、水戸へ行った。

 

水戸芸術館磯崎新設計)のタワーは水戸のランドマークの地位を確立している。

 

3年前に登ったときの眺めはこちら。

 

 昨年は藤森照信展を見にきた。

 

今回は現代美術家・彫刻家の内藤礼の”過去最大規模の個展”との謳い文句に惹かれて。

 

”彫刻”的な作品は、今回も5cmほどの木彫人物。

 

4年前に目黒の個展でも目にした”小さな人”

 

複数の部屋を一つの空間のように使い、小さな人や鏡、細すぎて見えないほどの糸や長細い水平器、うっすらと色がついた白いキャンバス、溢れそうなほど水が入った小さなガラス瓶などがポツンポツンと置かれた展示となっていた。

人工的な光は一切使われず、曇りガラスの天井や壁の小さな窓からの自然光のみで鑑賞する。

大きな展示室は天井も広くて明るいが細長い廊下は薄暗い。

が、最も明るい部屋では、高い天井から吊られた2本の非常に細い糸が作品で、それは目を凝らさないと見えてこない。

作品群の鑑賞が空気や光の”密度”を感じられる仕掛けとなっているようでとても面白かった。

 

こちらのサイトで詳細に紹介されている。

https://casabrutus.com/art/82579

 

10月8日まで。一般900円。

https://www.arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=501