墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

朝日山古墳(朝日山古墳群) 越前古墳巡りツアー・その2 福井県丹生郡越前町朝日

前回からのつづきの、越前古墳巡りツアー。

2ヶ所目は朝日山古墳群の朝日山古墳。 越前町古墳公園とは小さな谷を挟んだ南側の山頂に立地する。

 

一旦平地に降りて斜面の住宅街を上がったところが入口になる。入口付近は私有地で普段は立ち入れないところになる。そのあたりはちょっとした広場になっていて東側に広がる越前町鯖江町が見渡せた。

 

右に目を移して南東の方向。中央奥の平たい緑が、長泉寺山古墳群のある西山公園になる。

 

上の写真の中央やや右のアップ。やや右でぴょこんと出た杉の奥に、古墳群がある王山がうっすらと写った。

 

竹林に入って斜面を上がる。

 

斜面をよくみると段々になっているところがある。

 

それらが斜面下側の方墳群だった(堀学芸員作成の資料より)

 

 

登っていった頂上に1号墳(円墳)があった。

 

その左奥が朝日山古墳。

 

朝日山古風の後円部墳頂。

 

後円部から前方部方向。ここも草木が密生していた。

いただいた資料によれば、朝日山古墳は全長57m(53m?)の前方後円墳で、4世紀末から5世紀初頭に築かれている。前回の経ヶ塚古墳につづく、この丹南嶺北南部)3代目の広域首長(初代は今北山古墳)の墓と考えられるそうだ。

 

くびれ部のあたりを後円部裾から。

 

パノラマで。左が前方部、右が後円部。

 

くびれ部を横から。

 

 後円部の先からパノラマで。

このエリアの古墳の中で「最も形の綺麗な古墳」とのコメントがあったが、現地で形を把握するのは結構大変だった。

 

後円部裾の周溝部分。

 

標高は60mほどで、眺めの良かった冒頭の住宅街より20mほど高い。草木を刈り込めば今でも素晴らしい眺めが得られるはず。

つづく。