墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

兜山古墳 福井県鯖江市神明町

福井市立郷土歴史博物館を見た後は車で南に25分ほど、鯖江市に戻って、国指定史跡の兜山(かぶとやま)古墳を訪ねた。

 

旧街道の風情がある一車線の道を進むと、住宅街に取り残されたように墳丘があった。

 

その解説板。

国指定史跡 兜山古墳
指定年月日 昭和52年8月10日
兜山古墳は、直径約70m、高さ約10mを測る円墳です。墳丘は二段築成で、幅17m前後の溝がめぐっています。
これまで3度にわたり墳丘周辺の調査が実施されました。無遺物のため築造年代は不明ですが、円墳としては北陸地方最大級である点、段築や外周をめぐる溝など外部施設を備えている点から推定して、鯖江台地を中心とした地域を基盤とする5世紀代の首長墓と考えられています。
名称の由来については、もともと南北にもう1基ずつ古墳があり、ちょうど兜を伏せたような形に見えたことから「兜山」という名前がついた、と云われています。鯖江教育委員会

 

円墳では北陸最大級の、直径70m。

 

発掘調査時の写真もあった。

 

墳頂に神社がある。

 

八幡神社と書かれた鳥居。

 

裾にあった石碑。

 

その上がテラス状の平坦面になって周囲を巡っている。

 

石段を上がりきって振り返ったところ。石段の踊り場が墳丘テラス。

 

墳頂のお社。

 

参拝して振り返って。 

 

社の左側にも通路があった。

 

 下へ降りて振り返ったところ。

 

鳥居と反対側、西からみた墳丘。

 

南側から見上げた墳丘。

 

裾を回って最初の鳥居を横から。

 

古墳の前の道の南方向。午後4時半を回って、陽が傾いてきた。

つづく。