墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

東大門デザインプラザ(DDP)by ザハ・ハディッド ソウル特別市中区乙支路7街

前回のつづき。

昌徳宮から徳寿宮のそばにある貞洞劇場で韓国伝統演劇を観る。朝鮮王朝・燕山君時代の「宮:張緑水ストーリー」という劇で、伝統芸能や華やかな踊りもあって楽しむ事が出来た(3ヶ国語で字幕が出る)

http://jeongdongtheater.com/jpn/category/performance-info/seoul-now/

 

徳寿宮の壁沿いにあった現代彫刻。

 

その後は車で東大門へ移動。夕食前に東大門デザインプラザに寄った。

街中に巨大宇宙船が降りたような一画が。

東大門(トンデムン)デザインプラザは「Dongdaemun Design Plaza」の英語表記から「DDP」と略される。

”アンビルドの女王”と呼ばれたザハ・ハディッド(1950~2016)の作品で、2014年3月竣工。

 

地下の駐車場へ入る。

 

まずはエレベータで最上階へ。

 

洞窟のような壁・天井に斜めのガラス壁。

 

外への自動ドアも傾いている。前後にも左右にも(つまりドアは平行四辺形)

 

外から見たドア。

 

外には長大なスロープが伸びていた。4階の現在地から地表までつながっている。

 

その左側にはパネルに覆われた斜めの壁(であり屋根)

 

間は谷。

 

スケールの大きな曲面。

 

谷の中に入り込むトンネル。

 

室内に戻って螺旋階段へ。

 

階段の側壁も斜め。

 

階段から見えた隣の棟の廊下。

 

その廊下に行ってみた。

 

巨大な廊下自体が螺旋状に回っている。

 

研究施設のような雰囲気。

 

螺旋階段に戻ってさらに下る。

 

外へ出ると、大空間があった。

 

奥には大きな人型オブジェ。

 

”長椅子”のある通路は「ブリッジ」の上で、その下(地下)に広場がある。

 

工事中に出土した朝鮮時代の遺構が展示施設になっている。

 

地上部分とは長いスロープでつながっている。

 

振り返ると、さきほどの4階から見下ろしたトンネル出入口。

 

スケールが大きくて感覚がおかしくなる。

 

振り返ったら複雑な曲面が。壁面のアルミパネルは45,133枚になるという。

 

その先では地下から上がってきたスロープと合流する。

 

上記の左の通路を進んだ先の合流点。

 

壁だけでなくベンチもくねくね。

 

こちら側にも抜け道があった。ピアノの音が響いていた。

 

直線的な部分も。

 

その先の凹みにはカフェがあった。

 

北側の先端。ここだけ見ると小さいが。

 

右の?のような形がDDP。緑の芝生屋根を持つ。地図は下が北。

 

グーグルアースで見てみると。

 

さらに北側へ、清渓川を渡る。 

 

東大門市場界隈へ。

 

気になる枝道。

 

この先の唐揚げ専門店で満腹に。

 

店を出ると目の前にライトアップされた東大門。

 

来た道を戻る。清渓川沿いの長大な建物。

 

DDPにも照明がついていた。

 

西側の側面。

 

通りを渡って。

 

パノラマでも全体像を撮るのは難しかった。

 

西側の「くびれ」部分。

 

穴あきパネルの内側から、自ら発光している。

 

地下の広場、遺構の前から、長椅子のあったブリッジを。

 

そこから振り返って。

 

ブリッジの真下。

 

未来が形になったような。

 

階段も光る。

 

昼とは違う迫力があった。

 

翌朝、家族で行動する前に、もう一度見に行った。 

 

通りの反対側の建物にシースルーのエレベータがあった。

 

ブリッジのある南西側からになる。

 

?形の上のカーブ。

 

最上階で降りたが、窓の位置がいまひとつで全体が入る写真は撮れなかった。

 

後で調べていたら、こちらのコリアネットで、ザハ・ハディットへのインタビューが掲載されていた。曲面だらけの形は、地形と建築物との調和を目指したことによるものだそう。

http://japanese.korea.net/NewsFocus/People/view?articleId=118121

 

素晴らしい建築だと思います。