墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

源平山古墳 群馬県北群馬郡吉岡町大久保

吉岡町役場脇に移築復元された滝沢古墳を見た後は、 グーグルマップ上にも記されている源平山古墳へ向かった。

関越道の駒寄PAのETC出口から東に500mほどの場所。

 

農道のような道の脇に標柱が立っていた。東側から。

 

西側から。

 

墳丘というより、段差に開いた穴という雰囲気。「群馬県古墳総覧2017」には、墳形不明とあった。

 

近寄ると、かなり大きな石組みであることがわかった。

 

入口の草が繁っていたのと、クモの巣があったので、中に入るのは次の機会とした。

ピントは手前になってしまったが、奥壁は切石が積まれていることがわかった。

 

冒頭のグーグルマップには、追分四郎さんという方が石室内で撮られたストリートビューが貼り付けられている。 見事な石室、見事な写真!

冬に再訪したい。