墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

千日坂 東京都新宿区南元町

今回も坂道だが、半年ほど前の2月の写真。

信濃町駅から南側に出ると、外苑東通りの左側に急な下り坂がある。

 

少し下ると首都高出口の橋が。

 

振り返って見た信濃町駅。歩道橋を渡ると神宮外苑の北東端に出る。

 

高速高架の下からは擁壁が曲面になっていた。

 

大谷石が使われている。

 

振り返ってみたところ。湾曲が水平方向から垂直方向に変化する。

 

坂下には標柱があった。

 

場所はここ。

 

千日坂(せんにちざか)

この坂道の下の低地は、一行院千日寺があるため千日谷と呼ばれた(「紫の一本」)坂名も千日寺にちなんで名付けられたと考えられる。なお、かつての千日坂は消滅し、現在の千日坂はそれと前後して造られたいわば新千日坂である。

 

これだけ高い擁壁は珍しいのでは。