墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

「秋山行旅図巻」明・清代の山水画~淡彩の系譜展より @東京国立博物館東洋館

前回のつづき。

東博の平成館で縄文展を見た後、久しぶりに東洋館へ。

4階の中国絵画のコーナーで「明・清代の山水画~淡彩の系譜」という展示を見た。


パネル解説によれば、明から清にかけて江南地域の蘇州・松江(しょうこう:上海)・揚州・徽州などでは都市文化が栄え、文人たちも集まって山水画が発達した。
その色彩感覚にはそれぞれの都市の個性が反映され、蘇州は上品さ、松江はややくすんだあたたかみ、揚州は華やかさ、徽州は清らかさがあらわれているとのこと。

 

一番惹かれたのが、安徽省文人画家の蕭雲従(しょううんじゅう)による「秋山行旅図巻」1657年・清時代

重要文化財で、乾隆帝内府旧蔵品。

 

秋の山合いを旅する一行。 

 

奇岩や大きな松を見ながら進む。 

 

自分も一緒に旅をした気になれる。 常設展ではないが、展示をアピールしてはいないので、落ち着いた雰囲気でじっくり見ることができるはず。

7月29日まで。

 

別の企画展、地下展示室の「インドの細密画」も興味深かったです(8月19日まで)