墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

平田晃久・Discovering New展 @TOTOギャラリー間・乃木坂

まだ「梅雨」の季節だったときに訪ねた建築家展。

 

平田氏は1971年生まれの建築家。

 

斜めに組んだ足場のような細い棒に、立体的に建築模型が置かれていた。

「思考の雲」と名付けられている。

 

表と裏が連続するような形は海草からの着想(と、前回の日曜美術館アートシーンで紹介されていた)

 

その思想を具現化した建物?

 

平田氏は京都大学(院)卒業後に伊東豊雄建築設計事務所に勤務し、2005年に独立、2015年から京都大学准教授となっている。

 

9h(ナインアワーズ)というカプセルホテル(@竹橋)

https://ninehours.co.jp/takebashi/

 

太田市美術館・図書館は2017年に竣工。

 

中に入ってみたくなる模型だった。別フロアで映像展示もあったが、面白そうな建物だった。近いうちにぜひ訪ねてみたい。

 

雨天で外の展示は窓から眺めるのみ。

 

映像展示のあった上の階には、集成木材で作った「Timber Foam+」という作品も置かれていた。3次元NCカットという技術によって出来上がった、複雑な曲面の構造体。

 

別の角度から。

「思考」と「技術」が相俟って、魅力的な建築が実現する。