墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

旧木下家別邸(大磯迎賓館) 神奈川県中郡大磯町大磯

前回のつづき。

大磯駅で「大磯オープンガーデン2018」のポスターを見かけた。

 

写真の洋館は駅のすぐ前だったので訪ねてみた。

「大磯迎賓館」はレストランとなっていたが、見学できる部分があった。

 http://www.oisogeihinkan.com/restrant/

 

この建物はもとは貿易商の別荘「旧木下家別邸」で竣工は大正元年(1912)

現存する日本最古のツーバイフォー(2×4)工法で、国産材で建てられた国登録有形文化財。古くから「駅前洋館」として当地のランドマークだったそう。

 

中へ入って振り返った玄関側。

 

洋館の先にレストラン棟がある。

 

部屋はお客がいたので外から。

 

立派な鳥小屋があった。

 

玄関脇のバラが綺麗だった。

 

「大磯オープンガーデン」は2006年から続いている毎年4、5月に個人宅の庭を一般公開するイベントだそう(各月で3日間、今年は終了) 素晴らしい取り組み。

http://open-garden-oiso.wixsite.com/home