墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

弘明寺 神奈川県横浜市南区弘明寺町

金沢文庫からの帰路、弘明寺(ぐみょうじ)に立ち寄った。

京浜急行弘明寺駅の東側、駅より少し低いところに境内がある。

京急弘明寺駅昭和4年(1929)に、寺の裏山を貫通して造られたそうだ。

 

境内から土地はさらに大岡川に向かって低くなる。

山門の奥は弘明寺商店街。

 

本堂へお参りすると拝観案内があり、十一面観音がおられる内陣を参拝することができた(拝観料500円)

本堂前の解説板。

弘明寺観音 国指定重要文化財 
指定:大正4年8月10日
弘明寺は、瑞応山蓮華院と号す真言宗の寺院で寺伝によると「今を去る1200余年前の養老5年(721)、インドの善無畏三蔵法師が仏教拡通のため日本渡来の際開創されたお寺で、それより17年後、聖武天皇天平9年、諸国に悪病流行の際、行基菩薩が勅命により、単価泰平祈願のため全国巡錫の際、当山霊域を感得し草庵をつくり観音様を彫刻し、安置せられた。」とあります。鎌倉時代には、源家累代の祈願所とされました。江戸時代、坂東観音三十三ヶ所の第14番札所として信仰を集め、年に2回の市が立ち、大変賑わいました。市内には観音堂の道標が数基遺っています。
本尊の木造十一面観音立像は、関東に遺る鉈彫りの典型的な作例として有名なものです。(鉈彫り像とは、丸のみの彫り痕を像表面に残した特殊な彫り口の作品をいいます。)像高181.7cm、ケヤキ材、丸彫り・一木造り、平安時代(11~12世紀のころ)の作。造形はかなり荒々しく、かつ粗略なもので、一見未完成作のような印象を受けますが、全身にわたって丸のみの痕を規則的に横縞目に残しており、顔面は肉身や着衣に比べ、極め細かく入念に整えられています。彩色は僅かに本面の唇と化仏の唇に朱を点じ、眉目・口ヒゲ・胸飾を墨で描いています。
境内には、善無畏三蔵法師が陀羅尼を書写し、結界を立てた霊石と伝える「七つ石」、尾りよ石と刻してある「尾閭石」、大黒天の袋に似ているので名づけた「福石」があります。
横浜市教育委員会文化財課 社団法人横浜国際観光教会
平成9年3月

 

内陣の中央にて、厨子の中の十一面観音に目の前で対面できた。

像高181cmと背が高く、おろしている右手側に少し傾いた姿。丸ノミでの彫り跡を縞目にあえて残す「鉈彫り」には、素材の力と彫り手の存在をリアルに感じた。

一木造りで、現地の解説板にはケヤキ材とあったがお寺のサイトにはハルニレ材とあった。平安中期(11~12世紀)にさかのぼる像で、旧国宝・現重文。

 

 

内陣の戸棚には室町期以前にさかのぼる漆塗りの花瓶も展示されていた。 

横浜市指定有形文化財(工芸品)
木造 黒漆花瓶 二口
昭和63年11月1日指定
所有者:宗教法人 弘明寺
1:総高69.3cm 口径28.8cm 胴径20.0cm 底径20.5cm 台方28.7cm
2:総高70.0cm 口径29.6cm 胴径30.4cm 底径22.3cm 台方28.7cm
この花瓶(けびょう)は「亜」という字の形をしている。欅材をろくろで挽いて成形した4つの部分を組み立てたものである・開口部はラッパのような形をしているが、その内に円形板をはめ込み、板の面に5つの孔をあける。そこに五色の造花を挿したのである。
黒漆を全面に塗装しており、胴部に天正18年(1590)に修理した旨の朱漆銘がしるされているが、しかし、それより以前の制作年代であることは、その形式が鎌倉時代形式であることからわかる。
この花瓶は、木造で大型の花瓶であるという他に類例をみない珍しさがあり、また、大きいものであるから置く規模も大きい寺であったと推定される。したがって、花瓶が制作された当時の弘明寺の伽藍が大規模なものであったと想像される。
平成元年3月 横浜市教育委員会

 

寛徳元年(1044年)の建立当時の古材であるという、釿(ちょうな)彫りの床板も見事だった。

 

境内には屋根の大きな鐘楼もある。 

 

寛政10年(1798)、220年前に鋳られたもの。

横浜市指定有形文化財(工芸)
弘明寺梵鐘
(寛政十戌午年五月吉辰、東都神田住冶工西村和泉守藤原政平の刻銘がある)
指定年月日:平成9年11月4日
所有者:宗教法人 弘明寺
所在地:南区弘明寺町267番地
時代:江戸時代
法量:総高131.3cm 口径71.54cm
員数:1口
本梵鐘は鋳銅製の和鐘で、盛り上がった頭部、太い区画線、低い撞座の位置、前に突き出した口縁といった江戸時代に製作された梵鐘がもつ共通の造形からなっています。
江戸神田に住む西村和泉守藤原政平という鋳物師(いもじ)の作で、川崎市平間寺(川崎大師)の梵鐘も同人の作です。西村家は江戸元禄期頃から大正初期まで十一代続いた鋳工の名家で、江戸幕府の鋳物製作の御用を勤めた家柄です。
銘文によると、当鐘は、江戸中期の寛政十年(1798)に阿闍梨秀光が願主となって再々造したものであり、追銘に弘明寺には過去二口の梵鐘があったとあります。
本梵鐘は、奉造された寺院に連綿と伝わる、資料的な価値が高い貴重なものです。
横浜市教育委員会

 

市谷の亀ヶ岡八幡宮の青銅鳥居の鋳物師と同一人物。

 

こちらは七つ石。

「善無畏(ぜんむい)三蔵法師が渡来の際、当山の霊域を感得し、陀羅尼(だらに)を書写して結界を立てた霊石」とのこと。

 

聖天堂への石段脇では、ほぼ満開のしだれ梅。

 

参道脇の階段には、まん中にイチョウの大木が。

 

参道下の山門。

この背面に、弘明寺商店街のアーケードが続いていた。