墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

向山古墳群B地区(7~11号墳) 静岡県三島市北沢

前回のつづき。

向山古墳群公園のB地区は以下の説明のとおり、 草木を刈って見通しをよくしたミニマム整備になっている。

B地区7,928㎡(7~11号墳)は古墳を保存するエリアです。木を切って見通しを良くし、古墳の間に木チップ敷きの簡単な通路を設置しました。ほとんど人の手を加えていないので、作ってから千数百年たった古墳の姿を見ることができます。

 

北東側からみたB地区。

 

北東側から7号墳。

 

次に8号墳。

 

道路の対岸から見た7号墳(左)と8号墳(右)

 

9号墳は、道路に削られてしまったようだ。

 

そして10号墳。

 

B地区の一番下に11号墳。

 

11号墳の墳頂からの眺め。

愛鷹山の山塊の右は富士山で、雲の中に少しだけ山頂を見せている。

 

11号墳を南側裾から見上げて。 

 

ウッドチップの小路は歩きやすかった。

気持ち良く古墳浴をしながらC地区へ向かった。