墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

稲荷塚古墳群 茨城県龍ヶ崎市城ノ内

前回のつづき。

愛宕山古墳跡の次は、北東に直線距離で2km強の住宅地を目指した。

ニュータウンの台地端の公園に墳丘があった。

 

振り返っての風景。

 

公園名の表示はない。

 

よくある公園だが、土盛りの大きさが普通ではない。

 

墳丘中腹に立つ木も異様に大きい。

 

ちょっとした広場のような墳頂。

 

「いばらぎデジタルマップ」でこの位置・城ノ内3丁目(旧八洞原町)を見ると遺跡の印があり、「方墳1、円墳1」と記されていた。

こちらの大きな墳丘が方墳と思われる。

 

墳丘の隅は四角く残されていた。

 

台地上側の風景は”ニュータウン

他の方向は樹林で眺めがなかった。

 

墳丘から東側に続く公園。

 

こちらの隅も上から見ると方墳の雰囲気。

 

下から見上げた墳丘。4~5mの高さはありそう。

 

墳丘の南側。樹林の先は崖になっている様子だった。

 

方墳の裾から見た小さな墳丘。

 

こちらが円墳のようだ。

 

右が円墳。左奥が方墳。

 

このあたりで南側の樹林が少し開けて谷の向こうの小山が見えた。

おそらくこの後に訪ねた冨士浅間神社の、自然地形の冨士塚と思われる。

つづく。