墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

晴海橋梁(廃線鉄道橋)・春海橋 東京都江東区豊洲~中央区晴海

かなり以前にたまたま横を通りかかってから気になっていた鉄道橋(廃線)を見るために、豊洲近辺で出かけた。

 

地下鉄の豊洲駅で降りて、晴海通りを北西方向へ歩く。

ららぽーと豊洲への入口を通り過ぎたところにあった案内図(右上が北)

鉄道橋も地図に載っていた。

 

晴海運河を渡る晴海通りの「春海橋」

その左手に、かつて晴海埠頭へ伸びていた東京都港湾局専用線の跡がしっかり残っている。

 

橋のたもとに都立春海橋公園(の一部)

 

橋梁に残る線路がよく見える。

 

ズームで。対岸は中央区晴海。

 

以下はWikipediaより。

国鉄越中島支線の越中島駅(現越中島貨物駅)から豊洲石炭埠頭までを東京都港湾局専用線(深川線)として開業していたが、深川線の深川線分岐点から分岐し晴海埠頭までを東京都港湾局専用線(晴海線)として建設した際、晴海運河に架かる橋梁として1957年(昭和32年)11月26日に完成し、同年12月17日に供用開始した。
トラック輸送への転換による臨港鉄道の衰退により、晴海線が1989年(平成元年)2月10日に廃止となり、東京都港湾局専用線が全廃となった。本橋梁も同時に供用廃止となったが、撤去されずに当時の姿のままの遺構として現存している。なお、本橋梁の今後は人道橋や公園としての活用が検討されているが、老朽化が進んでおり修繕も必要であるとして、具体的な動きは進んでいない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%B4%E6%B5%B7%E6%A9%8B%E6%A2%81

 

線路は公園の手前まで。

 

背後はタワーマンション。

 

春海橋公園は運河沿いにららぽーとの方へ続いている。

 

手入れされた花壇もあった。

 

春海橋の歩道から。線路に生えた木は育っていくのか。

 

 

先ほどのWikipediaによれば「下路式ローゼ桁」という形式の鋼鉄道橋で、鉄橋部分の長さは58.8m。竣工 -は昭和32年(1957)11月26日で橋桁製作は石川島重工業。

 

柱の間に新豊洲変電所の円形建物。その右が豊洲市場(予定)になる。

中央に、ゆりかもめ新豊洲駅が見える。

 

中央区晴海側のたもと。広大な更地に続くが、線路の先は藪だった。

 

砂利しかない軌道上であるのに木々が。

 

そこから鉄橋を振り返って。

 

”むくり”の凸の丸みが、先端直前で”てり”の凹のカーブになるところに惹かれた。

 

キラキラのビル群が立ち並ぶエリアで、存在感を放っている”近代化遺産”。ぜひ「保存の上で活用」されることを願っています。