墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

三分坂 報土寺 種徳寺 東京都港区赤坂

前回のつづき。

赤坂の台地上に聳える赤坂パークビル三菱地所の地上30階のオフィスビル。 

 

正面入口側と道を挟んで専福寺。

 

奥に「パークコート赤坂檜町ザ タワー」が聳えるが、正面のスリバチ状の空間とその先の小山が気になった。

 

谷側に突き出た台地は別のお寺の敷地のようなので、南に回って行ってみることにした。

 

赤坂パークビルの南東側はTBSの裏玄関。

 

そこを右に下る坂が見えた。

 

カーブも傾斜もきつい坂。

 

三分坂の標柱があった。「さんぶ」ではなく「さんぷん」

さんぷんざか

急坂のため通る車賃を銀三分(さんぷん、百円余)増したためという。坂下の渡し賃一分に対していったとの説もある。さんぶでは4分の3両になるので誤り。

 

曲った先も長く続いていた。

 

丸い輪っかは真空コンクリート真空リング刷毛引き仕上げ工法というそうだ。

www.youtube.com

 

カーブの外側から。 

 

坂下も直角に曲る、クランク状の坂だった。

 

坂に沿って美しい築地塀があった。

 

港区の文化財の標柱。 

港区の文化財 報土寺 築地塀(練塀)
報土寺の練塀は、坂の多い港区の中でも特に急坂として知られる「三分坂」に沿って造られており、塀が弓なりになっている珍しいものです。練塀は区内では残されているものが少なく、江戸の寺院の姿を今に伝える貴重な建造物といえます。
平成10年9月1日 東京都港区文化財総合目録登録 東京都港区教育委員会

 

確かによく見ると、湾曲の壁面だった。

 

境内には江戸時代に大関を22年間、250勝10敗の大業績を残した雷電為右衛門の墓がある。

 

別の日、門が開いていた時。

 

雷電のお墓への案内。

 

本堂の裏手に墓地。

 

その一画の雷電の墓。

 

境内には井戸もあった。

 

報土寺の脇の道を進んでいくと、種徳寺(しゅとくじ)の境内に出た。

 

台地上の墓地へ続く道を上らせていただいた。

 

台地上の林の中は墓地だった。大きな五輪塔にお参りした。

 

そこから東側の眺め。左下が種徳寺の本堂。

 

その先に「パークコート赤坂ザ タワー」

 

右手には赤坂パークビルと、右奥にTBS社屋。

 

パノラマで。エアポケットのように静かな場所だった。