墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

水元公園(から望む、埼玉県営みさと公園)の桜 東京都葛飾区水元公園

前回訪ねたのは一昨年の12月だった。面積は93haと「TDL+TDS」に近い広さで、園内の高木は1万9千本にもなる。

水元公園・2 東京都葛飾区水元・南水元 - 墳丘からの眺め

 

徳川家康によって流路がつけかえられる前の利根川だったところ。徳川吉宗によって、かんがい用水の水源の溜池として整備されたのが、この水辺の原点。

 

岸辺から水が近い。対岸は埼玉県営みさと公園の桜並木。

 

上の写真の右上に尻尾が写った鯉のぼり。

 

対岸をズームで。

 

水元公園内の桜はそれほど多くないが、公園沿いの堤の上には長大な花のトンネルがあった。(ここからの写真は妻がiphoneで)

 

フロントガラス越しの空。明るさなどを少し調整しました。

 

まだ散る前。

 

空もきれいでした。