読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

那覇市久茂地(くもじ)~牧志2丁目界隈

前回のつづき。

空港を出てモノレールに乗り、この日に2つの博物館に寄ろうと思って県庁前駅で下車。駅前のパレットくもじの4階にある那覇市立歴史博物館はなんと翌日からの展示品入れ替えで休館だった・・・

くもじビルのテラスから那覇市役所の建物(2012年12月竣工)を見て一息。

 

そこから直線距離で2kmほどにある沖縄県立博物館・美術館へ、ぶらぶら歩いてみることに。

街中にもそこここに、板壁・瓦屋根の趣のある家が残る。

 

川沿いを”ゆいレール”が通る久茂地川。

 

架け替え中のコンクリむき出しの橋があった。

 

 しっくいが新しいお宅。

 

魅力的な店があったので入ってみた。

 

なんこつそば、450円。おいしかった。

 

使われている気配がないようで室外機は新しいお宅。

 

複雑な屋根の形は建て増しか。

 

国際通りに出ると、修学旅行生や外国人観光客でごった返していた。

むつみ橋のあたりまで歩いて、再び路地裏へ。

 

駐車場の向こうは改修中か。

 

次第に上り坂になった。ここは右の細い方へ。 

 

寒緋桜がまだ咲いていた。

 

気になる坂があった。

 

下りて振り返ったところ。

 

その右手には井戸があった。

 

振り返るとモジャハウス。

 

その先にさらに細道があった。

 

雰囲気のある道。

 

その左手の枝道。新しそうなマンションは丘の上に建つ。

 

細道を出て振り返ったところ。

 

色とりどりの花に囲まれたお宅も。

 

下から見上げた街路樹。

 つづく。