読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センター 埼玉県所沢市荒幡

前々回のつづき。

荒幡富士・浅間神社のすぐ北側に「狭山丘陵いきものふれあいの里センター」があった。

 

入館無料・月曜休館。地形や自然観察に役立つ情報が揃っている。

 

荒幡富士の立体模型。

 

縮尺を小さくした模型も。中央のぴょこんが荒幡富士でその右下が当館。

 

恐ろしいキイロスズメバチの巣。

 

鳥の剥製コーナー。今週のトリはツグミだった。オオタカやフクロウの剥製もあった。

 

キツネやタヌキたちも。

 

水生生物のコーナーもある充実の展示。

 

荒幡富士登頂記念スタンプはこちらの館内にある。

 

外へ出て谷戸を下っていくと茶畑があった。狭山茶の本場モノ?

 

落ち葉の道を進む。

 

すぐに住宅地に出てしまった。現在地は駐車場マークの左下の赤いところ。

 

整備中(?)のカマロがあった。 

 

住宅地をくねくね歩いて神明橋を渡れば西武狭山線下山口駅が近い。

アクセス/埼玉県狭山丘陵いきものふれあいの里センターには、下山口駅から徒歩15分とあった。荒幡富士へはここが最寄り駅になる。

 

駅前にあった「ところざわウォーキングナビ」という案内地図。ネットでダウンロードもできる。

 

昨年行ったこのあたりも載っていた。

所沢航空発祥記念館・常設展示 埼玉県所沢市並木 - 墳丘からの眺め

熊野神社 能面美術館 埼玉県所沢市 - 墳丘からの眺め

 

荒幡富士市民の森にも市全域のウォーキングマップがあった。

金仙寺のしだれ桜や小手指埋蔵文化財センターなど興味深い場所が沢山あった。いずれそちらも訪ねたい。

 

下山口駅は、西所沢駅西武球場前駅とを結ぶ西武狭山線の唯一の中間駅。 

 

駅のホームまでが複線区間なので一旦跨線橋を渡る。 

 

跨線橋の窓から西側。左のポイントの分岐はマンション手前で止まっている。

 

西所沢から乗った西武池袋駅行きは、京浜急行のような色合いだった。