墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

目黒天空庭園(オーパス目黒大橋) @池尻大橋・東京都目黒区大橋

池尻大橋に行く機会があったので、大橋ジャンクションの上にある目黒天空庭園へ行ってみた。

国道246号(玉川通り)に架かる、両端にエレベータのある歩道橋の上から。

 

歩道橋の南端に天空庭園への登り口がある。東隣のクロスエアタワー9階(目黒区立大橋図書館が入居)から降りてくることもできる。

 

大橋ジャンクションは地下を通る首都高速中央環状線と高架の首都高3号渋谷線をつなぐ施設で、2010年3月に西新宿JCTとの間が、2015年3月に大井JCTとの間が開通した。

地下約36m・地上約35mで高低差約71m、4層構造・一周400mのループとなっている。

 

 

上から見ると楕円形。上下線が2重螺旋のように2周回る。螺旋の構造はこちらのサイトがわかりやすい。

首都高・大橋ジャンクション実走チェック、急勾配と急カーブに要注意! - 日経トレンディネット

 

その屋上部分を活用した緑の輪のような目黒区立目黒天空庭園は、3年前の平成25年3月にオープンした。目黒天空庭園・オーパス夢ひろば 目黒区

 

もともとこの土地には東急玉川線大橋車庫が1969年まであり、玉電の廃止後は2002年まで東急バス大橋営業所となっていた。

大橋ジャンクション - Wikipedia

 

楕円の上に行くと畑もあった。

 

道路のカーブに沿った緑のカーブがある。

 

柵の外は見晴らしがいい。

 

楕円の内側の底にはオーパス夢広場というフットサル場がある。

 

天空庭園には円墳のような土盛りも。

 

見事なススキも。10月頭だったが蚊が多かったので訪ねる際には対策を。

 

最上部に眺めのよいベンチがあった。

 

巨大な楕円の壁と遠望がある。

 

人の入れない一画では田んぼもあった。

 

首都高3号線へ連絡する道路の屋根。右が渋谷、左が東名高速方向。

 

クロスエアタワー側の出入口。

 

そのブリッジ部分から。上はジャンクションから出る方、下は入る方。

 

そのブリッジを地面に下りて見上げたところ。

 

空がいろいろなカーブで切り取られていた。

 

こちらではジャンクションの中をスカイバスから撮った映像が見られる。

スカイバスで山手トンネルから大橋ジャンクション - YouTube

 

下から見上げたクロスエアタワー。

 

その正面、国道246号にかかる歩道橋は撤去に向けた準備が進んでいた。

 

すでに外された部分もある。左の、天空庭園に続く幅広の歩道橋が残ることになる。

 

歩道橋の先に神社が見えたので行ってみることにした。

 

もうすぐ撤去される歩道橋の上から。

 

背面は山手通りに続く道。

 

国道246号の渋谷方向。

 

「旧」歩道橋から見た「新」歩道橋と目黒天空公園入口。

つづく。