読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

両国公会堂の解体(後) 東京都墨田区横網2丁目

建築物、公園、街道、坂道

江戸東京博物館へ行ったついでに東京都復興記念館のジオラマ・大東京復興模型(1929)を見ようと思い、旧安田庭園にも立ち寄ったら”あるはずのもの”がなくなっていた。

 

昨年5月時点。 f:id:massneko:20150505130415j:plain

庭園と接する位置に建っていたのは両国公会堂(旧本所公会堂)

大正15年(1926)の竣工で、設計は新宿御苑 台湾閣、片倉館(諏訪市:重文)等を手がけた森山松之助。

massneko.hatenablog.com

 

森山松之助は、先日銀座で見たヨネイビルも設計している。

鈴木ビル、竹田ビル、ヨネイビル、奥野ビル(銀座アパート)など 東京都中央区銀座1・2丁目の近代建築 - 墳丘からの眺め

 

 

目の前に広がる空間に唖然としてしまった。

 

壁面のカーブや丸いドームが印象的な建物だった(2015年5月)

f:id:massneko:20150505125743j:plain

 

新しく建つのは刀剣博物館だった。

 

 設計は、代官山ヒルサイドテラス幕張メッセ朱鷺メッセなどを手がけプリツカー賞も受賞している槇文彦設計事務所。来年(平成29年)9月末に完了予定。

 

お隣の東京都慰霊堂は前回来たときは修繕工事中だった。

東京都慰霊堂 復興記念館 墨田区横網 - 墳丘からの眺め

今は新築のようにきれいになったいるが竣工は昭和5年(1930)、設計は伊東忠太

 

側面から。

 

背面に、高い基壇をもつ三重塔がある。

 

本堂と塔の基壇が接する部分。

 

内部の様子。

 

周囲の壁面に震災や戦災の記録が展示される。

 

次にお隣の東京都復興記念館 へ。

2階の「東京市模型 五千分之一 昭和六年九月現在」を見学。関東大震災から8年後の東京の様子をしばらく眺めた。