読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

アクセサリーミュージアム 東京都目黒区上目黒

常設展、企画展

ぐるっとパスの対象だったので、有効期間内であるこの機会に訪ねてみた。

祐天寺駅から徒歩8分の場所にあるプライベート美術館で、コスチュームジュエリーと呼ばれる近代・現代のアクセサリーを展示。

平成22年(2010)に開館したばかりで、アクセサリー会社の経営者の個人コレクションが母体となっている。

※8月一杯は休館。

 

住宅街のまん中に、個人宅のような構えで現れた。

 

私立美術館であるからか休館日が比較的多い。入場料は一般1000円となるが、ぐるっとパス(2000円:2ヶ月間)には割引券ではなく「入場券」がついている。

 

1階の玄関から入り、地階のショップから出る。

 

常設展は数部屋にわたっており、個人コレクションとしては膨大であるように思われた。アールデコの時代から年代別に分けて展示されているが、1990年代や80年代も歴史の一部になっているのが興味深かった。

常設展 | アクセサリーミュージアム

 

館内は撮影不可だが、こちらの方のブログで詳しく紹介されていた。

Lula Mae's Beautiful Things: アクセサリー ミュージアムに行きました 1

 

企画展は一部屋のみでの展示だったが、このときは「正方形のアクセサリー~ハンカチーフの歴史と魅力」が開催中だった。

ハンカチの紀元はエジプト文明にまで遡るそうだが、形状を正方形にしたのはマリー・アントワネットの意を汲んだルイ16世だったそうだ。

 

この展覧会とは別になるが、歴史をちょっと調べるとこちらの会社のサイトに詳しかった。ブルーミング中西株式会社-ハンカチーフの歴史

ちなみに「日本は世界一のハンカチーフ市場を誇っている」そうだ。

 

ショップは工房も兼ねていて自分で作ったりもできる(8月は休館)

アクセサリー教室 | アクセサリーミュージアム

 

ミュージアムも興味深かったが、上目黒駅からグーグルマップに従っていたときに出くわした細道(蛇崩川支流跡:じゃくずれがわ)が魅力的だった。 

こちらは別の回で。