墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

国際通り界隈の商店街 沖縄県那覇市牧志

前回のつづき。

壺屋やちむん通り界隈を訪れた際に、隣のエリアにある国際通り南側のアーケード街もさまよってみた。

路地が網目のように入り組んでいて、迷路を歩くようで面白かった。

 

平和通り商店街の南側入口。

 

こちらの「えびす通り」には衣服の店が集まっていた。

 

4月だったが夏モード。 

 

くつ下一足80円! 

 

川があったころの名残りか、段差のある不思議な分岐道。 

 

人がぎりぎり通れる”通路”も。

 

手前側が暗渠になったガープ川の旧水上部分。基礎部分が一段高い建物がこの左右に長く続いている。

まさにブラタモリで紹介されていた場所。

#33 那覇 那覇は2つある!? | タモリのブラブラ足跡マップ | ブラタモリ - NHK

 

国際通り側のアーケード入口も橋の上だった部分だけ一段高く残っている。左の路地は「むつみ橋通り街」

 

牧志公設市場は周囲をこのようなアーケード通りで囲まれている。

 

こちらのサインがその入口のひとつ。

 

1階は鮮魚と食料品に分かれている。

 

大きなサザエ。魚はカラフル。

 

元気な海老も。

 

那覇まちま~いでも”迷宮めぐり”ツアーがあった。

沖縄最大 マチグヮー迷宮めぐり(1) | 那覇まちま〜い

 

他の主催では料理体験ができるツアーもあるようだ。

達人による市場案内付き料理ツアーできっかけ作り | たびらい