墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

登戸富士塚古墳 神奈川県川崎市多摩区登戸

前回のつづき。

長念寺の工事現場を見学後、少し時間があったので昇寛さんのサイトで周囲をみると向ヶ丘遊園駅の近くに登戸富士塚古墳があった。

駅の東側の踏切を越えて300mほど南東へ行くと住宅街の中にそれらしき繁みが見えてきた。

 

浅間社の石柱がある。

 

白砂が敷かれた境内。

 

昇寛さんのサイトの春(3月)の写真と雰囲気がかなり異なる。

川崎市登戸富士塚 » 埼群古墳館

 

径17m、高さ2.2m(上記サイトより)の円墳の墳頂は思ったより広く、祠があった。

 

木々が茂って見通しがきかないが、もともと住宅街なので想像を膨らませるいはよいかも?

 

近くにはマンションも。

 

上って来た石段。

 

裏側の駐車場から見た墳丘と祠。

 

その背面には墳丘を拝するように鳥居があった。

 

浅間社入口はPIZZALAに面している。

 

登戸富士塚古墳から向ヶ丘遊園駅までは400mほど。駅前には道の中央の不自然な位置にある自転車置き場は、かつてのモノレール駅跡。

 

1966年4月から2001年2月まで活躍していたとのこと。一度乗ってみたかったです。

こちらに動画がありました。

www.youtube.com

 

現在の向ヶ丘遊園駅

 

遊園地も2002年に閉鎖となっていますが、見どころは多いエリアです。