墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

21世紀の森と広場(千駄堀の自然を守り育てる総合公園) 千葉県松戸市千駄堀

前回のつづき。

久保平賀古墳を見たあと、そこから2kmほど南にある松戸市立博物館へ行った。

博物館は広大な「21世紀の森と広場」内にある。

入場無料。公園の東西南北にある駐車場は全部で800台以上収容(有料)

 

3年前に家族で来たが今回は単独で”立ち寄った”。

 

公園の面積50.5haで、TDL51haや”房総のむら”の51haと同じくらい。

ちなみに、バチカン市国44ha・中山競馬場46haより大きく、東京競馬場62ha・代々木公園54haよりは小さい。

 

広大な芝生広場。GW中なのに余裕たっぷりで駐車場も空いていた。

 

県道51号の高架をくぐって池のあるエリアへ。

 

千駄堀池は5haの大きな人工池だが、水は周囲の3つの谷津から湧いていてその量は一日千トンにもなるそうだ。

見どころ 21世紀の森と広場|松戸市

 

小川で遊ぶのは楽しそう。

 

対岸のテラスでは演奏会があり、心地よい音楽が流れてきていた。

 

池の周囲を左回りに歩いてみた。かつての江戸のお堀もこんな雰囲気だったのでは。

 

清々しい散策路。

 

木道も整備されている。

 

黄色のアヤメ(?)の群落があった。 

 

丘の上の森の中には縄文の家が数軒復元されていた。内部で火を焚いているお宅もあった。 

つづく。