読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

南大塚駅からの貨物支線・西武安比奈線跡

ちょっと鉄道

前回のつづき。

山王塚古墳から入間川街道を辿って南大塚駅に戻る途中で、スマホの地図に気になる線路跡を見つけた。

行ってみると”いい感じ”に線路が残っていた。

 

入間川街道では、お団子屋さん(丸和だんご川野屋)のお隣。

 

こちらば南側、南大塚駅への方向。

 

西武安比奈(あひな)線 - Wikipediaによれば、南大塚駅から入間川沿いの安比奈駅へ至る全長3.2kmの貨物線で、入間川の砂利運搬のために1925年(大正15年)に開業したが砂利の需要減や採取規制強化により1963年以降、「休止」のまま半世紀が過ぎていた。

それが、つい最近の2016年2月10日、西武鉄道が「路線廃止」を正式決定し、関連して126億円もの減損を計上したそうだ。

2016年11月末に「廃止」予定となっている。

 

南大塚駅へこの線路に沿って歩いた。

国道16号と交差する地点にも架線柱が残っている。

 

1980年代には車両基地の計画されたが頓挫、そのまま野ざらしになっていた。

上記の日経記事で西武HDは路線敷地の活用について「自治体に説明、相談していく」とコメントされているが、鉄道遺産として活用できればと思う。

 

南大塚駅手前のカーブ。

 

振り返って南大塚駅

 

あとで検索したら、多くのブログで紹介されていて「廃線巡りの登竜門」的存在であることを知った。入間川街道から先にも線路跡が続いている。

こちらの方々のブログに魅惑的な写真があった。

廃墟系

西武安比奈線