墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

Frank Gehry 建築家フランク・ゲーリー I Have an Idea 展 @21_21 DESIGN SIGHT 六本木ミッドタウン

前回のつづき。

サントリー美術館の展示を見たあと、建物の外へ出て通りを渡って、21_21 DESIGHN SIGHTへ。

建物は2007年竣工。設計は安藤忠雄。巨大な鉄板屋根の下、地下に大きな展示スペースがある。

 

トゥーワントゥーワンが正式のようだが呼び方は迷ってしまう。

21_21 DESIGN SIGHT

 

2月7日まで、建築家フランク・ゲーリー展が開催されている。

 

フランク・ゲーリー(1929~)は、トロント出身でロサンゼルスを本拠地とする建築家。スペイン・ビルバオグッゲンハイム美術館(1997)で世界に衝撃を与えたときはすでに68歳、もうすぐ87歳であることをはじめて知った。

フランク・ゲーリー - Wikipediaを読むと若い時は結構苦労された様子。

が、2014年にはルイ・ヴィトン財団(パリ)、2015年にはフェイスブック本社・西キャンパス(カリフォルニア州メンローパーク)など、現在でも精力的に活動中。

 

本企画展のプレスレビューでは本人を招いてのQ&Aも行われている。

http://www.2121designsight.jp/documents/2016/01/FG-gehry-interview-vol1.html

 

入口のところには、ルイ・ヴィトン財団建物の50分の1模型。

 

角度を変えてみると鯨のようだった。

 

この1階はショップにもなっていて、ここまでは無料。

 

地下へ降りると有料展示。大人1100円。基本的に撮影可だった。

企画展「建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”」

鋭角の先に向かって階段を降りていく。

 

降りた下の吹き抜けスペースでは、壁全体を使って映像が投影されていた。

 

壁に貼られていた、大きなしわくちゃのマニフェスト

 

右は、世間の注目を集めるきっかけとなった自邸。

 

広いホールにさまざまな建築模型が展示されていた。

 

そして実際のフランク・ゲーリーのオフィスの写真が展示されていたが、この美術館の展示をもっと圧縮したような雰囲気だった。

 

展覧会ディレクターの田根 剛氏がゲーリーのアイデアの源泉を分析した「アイデアグラム」

 

木や紙で模型をつくって、手で触って考えることでアイデアを進展させている。

 

 触ってはいけないが、触りたくなる模型。

 

 建築というより、大きな彫刻?

 

「言葉」を読んでいくのがとても面白かった。下記では「ロマネスク教会の建築と絵画の共存」について語られている。

 

「ドローイングはアイデアを試すプロセスである」

 

ずーっと眺めていたくなる、集合建築の模型。

 

多くの建築家が家具も手がけるのはそういう意味があるからか。

 

座れないが、座りたくなる。

 

「ゲーリーのシークレット」というコーナーの展示。魚への興味を抱き続けているという一面があるそう。

 

ゲーリー建築の外壁によく使われるチタンパネルも展示されていた。

 

ちなみに本展ディレクターの田根 剛氏は建築家。

新国立競技場のはじめのコンペでは最終選考にも残った案は、「神宮外苑の敷地に盛り土をして山をつくり、その中に競技場が半分埋まっているという構想」で、「東京にまるで古墳をよみがえらせたような風景は、大きな話題を呼んだ」そうです。

カッコ内の文、画像ともに下記サイトより。

http://www.2121designsight.jp/documents/2015/10/FG-pre-vol3.html

 

現代の東京によみがえる古墳

自分としてはこの案を実現していただきたかった・・・

 

時間がなくて見逃してしまいましたが、動画映像による解説もボリュームがあって面白そうでした。建築好きなら半日ぐらい過ごせるのでは。

おすすめの展覧会だと思います。