墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

映画「マイ・インターン」の感想

連休の初日、久々に映画を見に行った。

朝起きて、映画でも行こうかと思い立ち、舞浜のイクスピアリで「上映中」のものを探して、良さそうなものを選び。

面白かったです。おすすめします。

 

宣伝コピーは、

「すべてを手に入れたはずの彼女、そこにやってきたのは70歳の新人(インターン)だった。 アドバイスひとつで人生は輝く。 マイインターン

「すべての女性を応援するデトックスムービー。あの「プラダを着た悪魔」のアン・ハサウェイがニューヨークのファッションサイトの社長に!」

 

主演は、アン・ハサウェイ(ジュールズ)とロバート・デ・ニーロ(ベン)

 

以下、簡単な感想ですが大枠ではネタバレになります。

 

 

 

 

 

 

 

落ち着くところに落ち着く、ちょっとした紆余曲折はありつつも安心して見ていられるストーリーです。いいドラマ、ホロリとするシーンもありました。

良い映画は、俳優だけでなく「舞台」も主役になるように思いますが、秋のニューヨークの街が優しく描かれていました。

オフィスになっている煉瓦の建物や、ジュールズやベンが住むアパートもよい雰囲気です。

 

公式サイトや事前記事では「ファッション」や「女性起業家」という切り口のようですが、シニア層に受ける内容でもあります。

 

夫婦50割で見たので、二人で2200円。

殿方はハンカチを持っていった方がよいかも・・・