墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

赤岳(八ヶ岳)登山 2015年8月9日・山頂からの眺め

ここ十数年、毎年夏に山行をしている山仲間があって、今年は8/8~8/9の日程で八ヶ岳連峰の最高峰・標高2,899 mの赤岳(あかだけ)に登った。赤岳に登るのは今回が初めて。

 

八ヶ岳連峰は長野と山梨の県境にある南北30 kmにわたる大火山群。8つではなく20以上のピークがある下記はWikipediaから。

八ヶ岳」の由来は、「八百万」などと同じように、山々が多く連なる様子から「たくさん」という意味で「八」としたとも、幾重もの谷筋が見える姿から「谷戸(やと)」にちなんで名づけられたとも、文字通り八つの峰に見えるからとも、複数のいわれが存在する。

 

前日に美濃戸口から行者小屋まで歩いてテント泊。

午前4時ごろ起きて朝食をとった。テント場は2,350mほどの標高にあり、日が出る前の外は薄手のフリースでは震えるほど寒かった。

 

5時半に出発。テント場から見上げた阿弥陀岳(2,805m)

f:id:massneko:20150809052733j:plain

 

赤岳の斜面の一部が、朝日に照らされて黄色く光っていた。

f:id:massneko:20150809052659j:plain

 

登り始めて40分後ほどで稜線に近づき、頂も見えてきた。中央左は赤岳展望荘。

f:id:massneko:20150809061945j:plain

 

その右にはまだ日陰の中岳(2,700m)さらに右に阿弥陀岳

f:id:massneko:20150809061953j:plain

 

雲の向こうに山並みが見渡せた。

f:id:massneko:20150809060713j:plain

 

稜線上に出て、まず富士山を探した。

f:id:massneko:20150809062455j:plain

 

端正な富士山。ズーム機能大活躍。

f:id:massneko:20150809062353j:plain

 

背後(北側)には、横岳(2,829m)

f:id:massneko:20150809062158j:plain

 

南側には赤岳展望荘、その先に赤岳のピーク。

f:id:massneko:20150809062504j:plain

 

この時点で6時半。幸いにも雲はまだ低かった。

f:id:massneko:20150809063146j:plain

 

赤岳展望荘を過ぎて頂上へ。標高差で残り百数十m。

f:id:massneko:20150809063539j:plain

 

丁度7時に山頂到達。

f:id:massneko:20150809070242j:plain

 

山頂近くにあった360度の山座同定板。沢山の山を見ることが出来た。

f:id:massneko:20150809070317j:plain

 

東側、雲海に浮かぶ奥秩父の山々。

f:id:massneko:20150809071345j:plain

 

北側をズームすると、うっすらと右から妙高山火打山高妻山雨飾山(多分)

f:id:massneko:20150809070254j:plain

 

こちらは北西方面。八ヶ岳連峰が北に伸びる。

f:id:massneko:20150809060737j:plain

 

上記の中央のピークの上をズームすると北アルプスが。右の双耳峰が鹿島槍

f:id:massneko:20150809060551j:plain

 

そしてその左に穂高連峰。中央やや右には槍ヶ岳。大きな凹みの大キレットの左に北穂高岳奥穂高岳がある。

f:id:massneko:20150809071310j:plain

 

さらに左にいくとなだらかな乗鞍山。

f:id:massneko:20150809071320j:plain

 

 乗鞍山の下には中岳、阿弥陀岳に続く稜線があった。左には御嶽山

f:id:massneko:20150809071258j:plain

 

さらに左(南)に中央アルプス。中央に宝剣岳、その右隣の三角が木曽駒ケ岳

f:id:massneko:20150809065432j:plain

 

そしてさらに左、南東には南アルプス。中央左に北岳、その右の三角が甲斐駒ケ岳、その右に仙丈ケ岳。手前は八ヶ岳連峰の権現岳(中央)や編笠山(右) 

たまたま、奥の南アと同じような稜線カーブになった。

f:id:massneko:20150809071027j:plain

 

甲斐駒と仙丈ケ岳のアップ。

f:id:massneko:20150809071050j:plain

 

昨年夏に訪れた山々。

仙丈ケ岳登山① 2014年8月 @南アルプス - 墳丘からの眺め

仙丈ケ岳登山② 2014年8月 @南アルプス - 墳丘からの眺め

甲斐駒ケ岳登山① 2014年8月 @南アルプス - 墳丘からの眺め

甲斐駒ケ岳登山② 2014年8月 @南アルプス - 墳丘からの眺め

【再掲】仙丈からの下りで見えた八ヶ岳。奥中央のぴょこんが赤岳。

f:id:massneko:20140802140239j:plain

 

一回り廻って南側に、頂上からの富士。

f:id:massneko:20150809071114j:plain

 

赤岳山頂。2899の表示のあたりは2900のはず。

f:id:massneko:20150809071401j:plain

 

山頂に鎮座する赤嶽神社。

f:id:massneko:20150809071513j:plain

 

登ってきた西麓。中央下に行者小屋の屋根。

f:id:massneko:20150809071538j:plain

 

小屋のアップ。まだ陽が差していなかった。

f:id:massneko:20150809071521j:plain

 

展望を堪能して下山開始。降り始めの岩場を振り返ったところ。

f:id:massneko:20150809073948j:plain

 

途中の、中岳・阿弥陀岳への分岐。手前の影は赤岳。

f:id:massneko:20150809074439j:plain

 

延々と連なる八ヶ岳連峰。右から横岳、硫黄岳、双耳峰の天狗岳、左の最奥に蓼科山

f:id:massneko:20150809074450j:plain

 

なだらかだが巨大な爆裂火口跡の断崖がある硫黄岳(2,760m)

f:id:massneko:20150809074527j:plain

 

かなり降りてきて見上げるにようになった中岳と阿弥陀岳

f:id:massneko:20150809080113j:plain

 

見納めの北アルプス

f:id:massneko:20150809080904j:plain

 

行者小屋に到着。すでに陽射しは強烈になっていた。

横岳から北のギザギザの稜線もくっきりしていた。

f:id:massneko:20150809092059j:plain

 

行者小屋にあった案内図。今回のルートは地蔵尾根を登り赤岳展望荘(旧赤岳石室)を経由して赤岳山頂へ。帰りは又三郎尾根を下った。

f:id:massneko:20150808142034j:plain

 つづく。