墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

西品川一丁目再開発(2015年7月初旬)

前回記事:西品川一丁目再開発(2015/6時点)から1ヶ月しか経っていないが、刻々変化している様子が車窓から見えたので行ってみた。

 

再開発現場の中心地は大崎駅から新幹線・横須賀線のガード下をくぐっていく。右手の道は台地上に向かう。複雑な地形。

f:id:massneko:20150710080707j:plain

 

ガードをくぐって工事現場の囲いの上から。右の線路側から台地が続いているが、際の部分が削られ始めている。前回崖際(正面パワーショベルの後ろの台地上)にあった建物もなくなっていた。

f:id:massneko:20150710080754j:plain

 

地形も変えてしまうようだ。

f:id:massneko:20150710080852j:plain

 

囲いの間の道を行く。いずれこの道もなくなるはず。

f:id:massneko:20150710080904j:plain

 

上記の正面の、少し傾いた電柱。2月の時点では右側に家があった(2015/2)

f:id:massneko:20150220121512j:plain

 

 メインの現場は地下を掘っているところ。巨大な穴が造られていた。

f:id:massneko:20150710081101j:plain

 

丘の上に廻り込んだ二股路。

f:id:massneko:20150710081148j:plain

 

二股路の間の住居跡はすっかりなくなって道路が出来つつあった。

f:id:massneko:20150710081159j:plain

 

1ヶ月前は囲いに覆われていたエリア(2015/6)

f:id:massneko:20150604081233j:plain

 

右へ向かう道はまだ残っていた。

f:id:massneko:20150710081236j:plain

 

その先にある地下通路。

f:id:massneko:20150710081342j:plain

 

上記の囲いの隙間から。台地上の場所をならしていた。ここは台地下の面までは掘らないようだ。

f:id:massneko:20150710081349j:plain

 

そこに下記の看板があった。7/1は過ぎていたがまだ通行止めにはなっていなかった。

f:id:massneko:20150710081410j:plain

 

上記の場所から来た道を振り返って。タクシーが通っていった。この道も見納めだろう。

f:id:massneko:20150710081329j:plain

 

上記のそばに桁高1.8mの通路がある。

f:id:massneko:20150710081606j:plain

 

下記には「負ける」が、結構線路が近い。

 

その前に転回用のロータリーができていた。

f:id:massneko:20150710081550j:plain

 

その位置からみた地下通路入口。

f:id:massneko:20150710081617j:plain

 

ちょっと前までは民家が建てこんでいた場所だった。

f:id:massneko:20150604081603j:plain

 

民家の庭先に大きなアオイの花が咲いていた。

f:id:massneko:20150710081732j:plain