墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

NHKスペシャル 沖縄戦 全記録

6/14の夜9時過ぎから、過去エントリの「シュガーローフ」へのアクセスが急に増えていたことに気がつきました。

 

録画していたNHKスペシャル|沖縄戦 全記録を見たところ、番組でこの激戦のことも取り上げられていたこと知りました。

 

番組では、これまで非公開だった沖縄県の住民記録の、名前を除いた死亡記録(場所と日時)約9万人分をデータ入力し、沖縄戦の開始から終結まで一日ごとの民間人死者数を地図上にプロットして、首里陥落後の事実上敗けが決まってから、民間人の犠牲が増えていった実態をわかりやすく示していました。

 

そもそも国を守る=国民を守るために戦っていたはずが、軍も民も生死をともに戦うという思想を子供時代から植え付け、民間人も投降せずに死ぬまで戦うことを強要した日本軍指導者の罪は消すことはできないと思いました(実際はそこが70年経ってもうやむやになっていると思いますが)

 

米軍側が撮影したフィルムが多数使われており凄惨がシーンが多いですが、戦争の実態(のおそらく一部)がわかります。

再放送はNHK総合テレビで6/17午前0:10~、つまり16日(火)の深夜です。

 

ちなみに一昨年に長野県の松代大本営(象山地下壕)を訪れたときに、「ここの巨大な地下壕が完成するまでは沖縄で時間稼ぎをする必要があった」という説明も聞いたことを思い起こしました。