墳丘からの眺め

舌状台地の先端で、祖先の人々に思いを馳せる・・・

黒鐘公園(くろがねこうえん)の桜 東京都国分寺市

4/5の日曜日、実家へ行ったついでに武蔵国分寺跡へ出かけてみた。

はじめに黒鐘公園へ。子供時代に弟と自転車でよく行った。

小雨模様だったが時折はらはらと舞い散る花びら。

f:id:massneko:20150405130953j:plain

 

公園全体の広さは、崖線の上下合わせて1.25haと、サッカー場1個半ほど。

f:id:massneko:20150405132007j:plain

 

遊具のあるあたりも、小雨なので無人。雪が積もっているようだった。

f:id:massneko:20150405131702j:plain

 

2連の滑り台。

f:id:massneko:20150405131827j:plain

 

奥にあるのは、いつもは子供が群がる、崖線の高低差を活用したロングすべり台。

f:id:massneko:20150405131711j:plain

 

ブランコやジャングルジムも無人で無音。

f:id:massneko:20150405131724j:plain

 

 台地上からの眺め。

f:id:massneko:20150405132136j:plain

 

 下から撮ると山の桜のよう。

f:id:massneko:20150405132237j:plain

 

下記は国分寺市のサイトから。

国分寺崖線の南、遺跡地帯に位置する黒鐘公園は、 国分尼寺跡と伝鎌倉街道に隣接しています。公園内の池は、水量がだいぶ減りましたが崖線からの湧水でできています。

桜の名所としても知られてますが、高低差のある地形を利用したすべり台やクライミングウォール、およびネット登りなどが 遊具が豊富に設置されており、子ども連れに人気のスポットです。

黒鐘公園|国分寺市

 

黒鐘公園のとなりには武蔵国分尼寺跡がある。

f:id:massneko:20150405132257j:plain

 

高架は武蔵野線。ここもいつもは子供の遊び場。

f:id:massneko:20150405131624j:plain

 

高架脇の桜。地面がスーラ状態とは言いすぎか。

f:id:massneko:20150405131451j:plain

 

このすぐ脇には800年前の風情を残す坂道がある。

f:id:massneko:20150405131425j:plain

 

子供の頃は未舗装だった。両脇の台地上にも登れる。

f:id:massneko:20150405131300j:plain

つづく。